【新潟記念】レース後の談話

公開日:

①着ブラストワンピース(池添騎手) 外差しが決まる馬場で自分が内枠だったのでそのあたりを考えて乗りました。有力馬を見ながらレースを。道中はフワフワして久々でボケてるのかなって感じだったけど直線に向く時の手応えは十分。ゆっくり追い出しましたが、終始余裕があって最後までノーステッキ。いい内容だったと思います。落ち着きが出てきたのが一番。体も夏を越して成長しましたね。このまま無事に菊花賞へ行ってほしいですね。

②着メートルダール(福永騎手) 最後まで長くいい脚を使ってくれた。勝った馬が強かったけど、やっぱりGⅢなら力が上だね。ここ2戦はパッとしなかったんで、ここから仕切り直して、大きいところへ向かえれば。

③着ショウナンバッハ(三浦騎手) リズム重視で、気を抜かせないように乗ることを心掛けました。直線で前があいた時の脚がすごく良かったです。年齢を重ねてズブさが出てきたのが、きょうはいい方に出たと思います。

④着エンジニア(北村宏騎手) 調子が良かったですね。すべてがうまくいったわけじゃないんですが、デキの良さで頑張ってくれました。

⑤着メドウラーク(丸田騎手) 雨で馬場が悪くなってみんなが外へ行くので、こちらは内でロスなく立ち回りました。悪い馬場を気にしませんからね。残り100メートルで止まったけど最後まで頑張ってくれました。これでサマー2000シリーズのチャンピオンに。自分自身、3回とも乗せていただいて楽しい夏になりました。“該当馬なし”にならなかったので、ホッとしてます(笑い)。

⑦着セダブリランテス(石川騎手) 最後は息がもたなかったですね。久々が影響したのか、斤量なのか……。外枠はきょうの馬場を考えれば、不安材料ではなかった。折り合いがついて、ちょうどいいポジションで運べたし、力のある馬だけに残念です。

⑩着グリュイエール(戸崎騎手) 道中が苦しかったですね。折り合いを欠いて4コーナーでカットされたのが余計にこたえました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る