【新潟記念】レース後の談話

公開日:

①着ブラストワンピース(池添騎手) 外差しが決まる馬場で自分が内枠だったのでそのあたりを考えて乗りました。有力馬を見ながらレースを。道中はフワフワして久々でボケてるのかなって感じだったけど直線に向く時の手応えは十分。ゆっくり追い出しましたが、終始余裕があって最後までノーステッキ。いい内容だったと思います。落ち着きが出てきたのが一番。体も夏を越して成長しましたね。このまま無事に菊花賞へ行ってほしいですね。

②着メートルダール(福永騎手) 最後まで長くいい脚を使ってくれた。勝った馬が強かったけど、やっぱりGⅢなら力が上だね。ここ2戦はパッとしなかったんで、ここから仕切り直して、大きいところへ向かえれば。

③着ショウナンバッハ(三浦騎手) リズム重視で、気を抜かせないように乗ることを心掛けました。直線で前があいた時の脚がすごく良かったです。年齢を重ねてズブさが出てきたのが、きょうはいい方に出たと思います。

④着エンジニア(北村宏騎手) 調子が良かったですね。すべてがうまくいったわけじゃないんですが、デキの良さで頑張ってくれました。

⑤着メドウラーク(丸田騎手) 雨で馬場が悪くなってみんなが外へ行くので、こちらは内でロスなく立ち回りました。悪い馬場を気にしませんからね。残り100メートルで止まったけど最後まで頑張ってくれました。これでサマー2000シリーズのチャンピオンに。自分自身、3回とも乗せていただいて楽しい夏になりました。“該当馬なし”にならなかったので、ホッとしてます(笑い)。

⑦着セダブリランテス(石川騎手) 最後は息がもたなかったですね。久々が影響したのか、斤量なのか……。外枠はきょうの馬場を考えれば、不安材料ではなかった。折り合いがついて、ちょうどいいポジションで運べたし、力のある馬だけに残念です。

⑩着グリュイエール(戸崎騎手) 道中が苦しかったですね。折り合いを欠いて4コーナーでカットされたのが余計にこたえました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る