【小倉2歳S】レース後の談話

公開日:

①着ファンタジスト(武豊騎手) 思ったよりスタートを出てくれたし、周りの馬もあまり行かなかったから楽に先行できた。最後も突き放したように強い内容だったと思う。性格はまだ子供っぽいけど、体は良くなってたし、きょうの感じなら距離が延びても大丈夫。ええ、今後も凄く楽しみな馬ですよ。

②着アズマヘリテージ(荻野極騎手) 後ろからになったので、脚をためるレースに切り替えました。道中は内をロスなく立ち回れたし、直線も馬場の悪い内からよく伸びてます。2戦目でこれだけのレースができるんですから、センスのいい馬です。

③着ミヤジシルフィード(和田騎手) 3角の入りが悪くなって。ペースも思った以上に遅くなったし、できればもう少しいい位置で競馬がしたかった。でも、控える形でもしまいはよく伸びてたから、収穫はあった。距離は延びた方が競馬はしやすいと思う。

⑥着シングルアップ(松山騎手) ゲートで待たされて、少し出負けしたのが痛かった。それでも途中からは押し上げて行ったんですが……。その分、最後はジリジリと。現状は器用さがないので、広いコースの方がレースもしやすいと思います。

⑧着ルチアーナミノル(浜中騎手) 勝ち馬を見ながら競馬はできたけど、3~4角でトモをぶつけられて。それに初めて控える競馬で馬に戸惑いもありました。

⑭着セプタリアン(北村友騎手) ゲートまでは落ち着いてたんですよ。ええ、これならと思ったほど。でも、中に入った途端に立ち上がってしまって。3~4角では内の馬と接触したし、ストレスがたまって集中力がもちませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る