【小倉2歳S】レース後の談話

公開日:

①着ファンタジスト(武豊騎手) 思ったよりスタートを出てくれたし、周りの馬もあまり行かなかったから楽に先行できた。最後も突き放したように強い内容だったと思う。性格はまだ子供っぽいけど、体は良くなってたし、きょうの感じなら距離が延びても大丈夫。ええ、今後も凄く楽しみな馬ですよ。

②着アズマヘリテージ(荻野極騎手) 後ろからになったので、脚をためるレースに切り替えました。道中は内をロスなく立ち回れたし、直線も馬場の悪い内からよく伸びてます。2戦目でこれだけのレースができるんですから、センスのいい馬です。

③着ミヤジシルフィード(和田騎手) 3角の入りが悪くなって。ペースも思った以上に遅くなったし、できればもう少しいい位置で競馬がしたかった。でも、控える形でもしまいはよく伸びてたから、収穫はあった。距離は延びた方が競馬はしやすいと思う。

⑥着シングルアップ(松山騎手) ゲートで待たされて、少し出負けしたのが痛かった。それでも途中からは押し上げて行ったんですが……。その分、最後はジリジリと。現状は器用さがないので、広いコースの方がレースもしやすいと思います。

⑧着ルチアーナミノル(浜中騎手) 勝ち馬を見ながら競馬はできたけど、3~4角でトモをぶつけられて。それに初めて控える競馬で馬に戸惑いもありました。

⑭着セプタリアン(北村友騎手) ゲートまでは落ち着いてたんですよ。ええ、これならと思ったほど。でも、中に入った途端に立ち上がってしまって。3~4角では内の馬と接触したし、ストレスがたまって集中力がもちませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る