• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【小倉2歳S】レース後の談話

①着ファンタジスト(武豊騎手) 思ったよりスタートを出てくれたし、周りの馬もあまり行かなかったから楽に先行できた。最後も突き放したように強い内容だったと思う。性格はまだ子供っぽいけど、体は良くなってたし、きょうの感じなら距離が延びても大丈夫。ええ、今後も凄く楽しみな馬ですよ。

②着アズマヘリテージ(荻野極騎手) 後ろからになったので、脚をためるレースに切り替えました。道中は内をロスなく立ち回れたし、直線も馬場の悪い内からよく伸びてます。2戦目でこれだけのレースができるんですから、センスのいい馬です。

③着ミヤジシルフィード(和田騎手) 3角の入りが悪くなって。ペースも思った以上に遅くなったし、できればもう少しいい位置で競馬がしたかった。でも、控える形でもしまいはよく伸びてたから、収穫はあった。距離は延びた方が競馬はしやすいと思う。

⑥着シングルアップ(松山騎手) ゲートで待たされて、少し出負けしたのが痛かった。それでも途中からは押し上げて行ったんですが……。その分、最後はジリジリと。現状は器用さがないので、広いコースの方がレースもしやすいと思います。

⑧着ルチアーナミノル(浜中騎手) 勝ち馬を見ながら競馬はできたけど、3~4角でトモをぶつけられて。それに初めて控える競馬で馬に戸惑いもありました。

⑭着セプタリアン(北村友騎手) ゲートまでは落ち着いてたんですよ。ええ、これならと思ったほど。でも、中に入った途端に立ち上がってしまって。3~4角では内の馬と接触したし、ストレスがたまって集中力がもちませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る