橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【土曜阪神11R・エニフS】メイショウヒサカタ3度目の大駆け

公開日:

 夏ローカルの最終週土曜メインは鬼穴が激走してくれました。勢いに乗って秋も、といきたいところです。この2頭で勝負!

【阪神11R・エニフS】

 メイショウヒサカタがまたまた波乱を呼ぶ。

 好材料がズラリと揃った。まずは舞台だ。

 ここ2戦は兵庫CS⑤着→関東オークス⑧着。千八百七十メートル、二千百メートルの交流重賞はさすがに距離が長かった。

 加えて、前走は関東遠征のナイターで一気に17キロも体を減らしてしまった。2秒3、3秒3差の敗退も度外視したい。

 今回は3走前にオープン特別の昇竜Sを制した千四に短縮。阪神でも5走前に五百万の千二を押し切っている。

 次に斤量。デビュー以来ずっと54キロだったが、初めての52キロ。古馬相手とはいえ、4~6キロ差の恩恵がある。この大きなアドバンテージは見逃せない。

 鞍上は池添。初コンビだった芝のエルフィンSは⑫着。しかし、その後は昇竜Sを勝ち、ここ2戦の交流レースも手綱を取り続けてきた。これも“やれる”手応えがあるからこそ。

 もちろん、状態もマル印がつく。

 中間は放牧でリフレッシュ。実質本追い切りの先週日曜は坂路4F53秒9―12秒6の併せ馬を消化。今週水曜も4F55秒7―13秒0で軽快に駆け上がっていた。

「今回の放牧で背が高くなりましたね。前回で減らした体は増えていますよ。いい状態で臨めると思うし、頑張ってほしいです」(四方助手)

 前記の五百万、昇竜S勝ちは5、10番人気での大駆けだった。3連単は24万8630円と28万120円のビッグ馬券。3度目がある。

【紫苑S】メサルティム仕上がり万全

【中山11R・紫苑S】 本命はメサルティム。

 半年ぶりでも入念に乗り込まれている。早々と8月9日に戻っており、暑い中も「水曜=坂路、日曜=ポリトラック」と週2本の追い切りを消化してきた。

 坂路追いでは4F54秒9→54秒8→53秒9と詰めて、今週が53秒6―12秒6の総仕上げ。今年2月には中山で9番人気のテッポウVを決めた。再現を期待だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る