外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・紫苑S】豪快に差し切ってサラス 秋華賞切符ゲット

公開日:

 ◎はサラスだ。前々走の城崎特別では、1月からの放牧で大きく成長した姿を披露。その末脚はここでも十分通用する破壊力だった。

 阪神内回り二千で上がり3F33秒7は超優秀。しかも4角大外を振り回しての差し切りだけにより評価していい。

 ちなみに、06年のコース改修以降、これより速い上がりでいわゆる“差し”を決めた馬は3頭だけ。15年マーメイドS=シャトーブランシュの33秒6、13年大阪杯=オルフェーヴルの33秒0、07年朝日チャレンジC=インティライミの33秒3。タイトルホルダーに次ぐそのダイナミックな剛脚を支持したい。

 前走②着はスタート直後に挟まるロスがあってのものだし、中間は坂路で好調教連発。豪快に突き抜けて秋華賞へ向かう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る