スペシャルウィークと同期の超黄金世代のマイネルラヴは…

公開日:

 今週は台風に大地震と、大変な災害が起こりましたね。被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げるとともに一日も早い復旧をお祈りします。

 競馬はいよいよ秋競馬、GIの足音も聞こえてきました。まずはスプリンターズSの前哨戦、セントウルSに注目です。

 派手な活躍こそなかったものの、妙に印象に残っているのが1998年の勝ち馬マイネルラヴ。朝日杯3歳Sをグラスワンダーとの1点で馬券を取らせてもらったなぁ。ハハハ。 この世代はクラシックにスペシャルウィーク・セイウンスカイ・キングヘイロー、マイル路線にグラスワンダー・エルコンドルパサーなどがいる「超黄金世代」でね。

 マイネルは3歳秋から短距離路線へシフトし、挑んだのがセントウルSでした。プラス18キロの体重も何のその、馬場の外めを力強く伸びて、重賞初制覇! 完勝といえる内容でした。

 続くスワンSは敗れたものの、年末のスプリンターズSで当時無敵、これで引退のタイキシャトルを破るという、大金星を挙げるのです。種牡馬として重賞勝ち馬も何頭か出しましたが、やっぱり「タイキシャトルの引退レースで勝った馬」として覚えているファンも多いでしょうねぇ。

 明日は馬場が微妙かな? 極端に悪化しなければファインニードルが力の違いを見せるはず。久々に58キロ? GⅠ馬がそんなことで音を上げられたら困る。人気薄を入れた◎1頭軸の3連複計10点で。(俳優)

◎ファインニードル
○レジーナフォルテ
▲グレイトチャーター
△ラブカンプー
△ラインスピリット
△ダイアナヘイロー

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る