スペシャルウィークと同期の超黄金世代のマイネルラヴは…

公開日:

 今週は台風に大地震と、大変な災害が起こりましたね。被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げるとともに一日も早い復旧をお祈りします。

 競馬はいよいよ秋競馬、GIの足音も聞こえてきました。まずはスプリンターズSの前哨戦、セントウルSに注目です。

 派手な活躍こそなかったものの、妙に印象に残っているのが1998年の勝ち馬マイネルラヴ。朝日杯3歳Sをグラスワンダーとの1点で馬券を取らせてもらったなぁ。ハハハ。 この世代はクラシックにスペシャルウィーク・セイウンスカイ・キングヘイロー、マイル路線にグラスワンダー・エルコンドルパサーなどがいる「超黄金世代」でね。

 マイネルは3歳秋から短距離路線へシフトし、挑んだのがセントウルSでした。プラス18キロの体重も何のその、馬場の外めを力強く伸びて、重賞初制覇! 完勝といえる内容でした。

 続くスワンSは敗れたものの、年末のスプリンターズSで当時無敵、これで引退のタイキシャトルを破るという、大金星を挙げるのです。種牡馬として重賞勝ち馬も何頭か出しましたが、やっぱり「タイキシャトルの引退レースで勝った馬」として覚えているファンも多いでしょうねぇ。

 明日は馬場が微妙かな? 極端に悪化しなければファインニードルが力の違いを見せるはず。久々に58キロ? GⅠ馬がそんなことで音を上げられたら困る。人気薄を入れた◎1頭軸の3連複計10点で。(俳優)

◎ファインニードル
○レジーナフォルテ
▲グレイトチャーター
△ラブカンプー
△ラインスピリット
△ダイアナヘイロー

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る