村上卓史
著者のコラム一覧
村上卓史作家・放送作家

1966年生まれ。作家・放送作家。「炎の体育会TV」「もしもツアーズ」「世界卓球中継」など担当。著書に「感動競馬場 本当にあった馬いい話」。 99年に地方競馬の馬主登録。その後、JRA、シンガポールで馬主に。現在、中央5頭、地方9頭(共有含む)を所有。日本放送作家協会常務理事。東京馬主協会相談役。

新馬は基本的に道営に預けます。その理由とは

公開日:
未勝利のため美浦の尾形和厩舎から今は道営の角川秀樹厩舎へ移ったフロルセレジェイラ(提供写真)

 今週は「競馬場選び」の「マル秘」です。馬主の重要な役目のひとつといっても過言ではありません。愛馬の特徴にあった競馬場に預けられるか否かで、その馬の運命が決まるからです。特に地方競馬は馬場、気候、開催のタイミングなど選択肢が多いので、本当に悩みます。さらに馬主の経済状態や人間関係…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る