【京成杯オータムH】レース後の談話

公開日:

①着ミッキーグローリー(ルメール騎手) 乗るのは2回目なんだけど、このあいだは距離が長かったんだね。千六百メートルはピッタリだったよ。スタートからペースが速くてリラックスして走ってくれたから、最後は長くいい脚を使ってくれた。土曜も重賞を勝てた(紫苑S=ノームコア)し、すごくうれしいよ。

②着ワントゥワン(戸崎騎手) 指示は中団から。いい位置につけていこうと思ったんですが、スタートは出たものの、行き脚がつかなくて。ドンと構えて末脚勝負に徹しました。直線はグ~ンと来たんですが、勝負どころでモタモタして……。それが痛かったですね。

③着ロジクライ(浜中騎手) 1コーナーの入りで外から押し込められてポジションを下げたのが痛かったです。そこでハミを取りましたしね。外めから吹かしていくのが理想の形。外の動けるポジションで運びたかったんですが……。最後も前はあいてたけど、瞬発力のある馬にやられてしまいました。

④着ロードクエスト(三浦騎手) 枠が決まった時点でこの競馬をするつもりでした。ここ数戦、短い距離を使っていたので、いい位置が取れました。まくられて位置が下がったけど、よく来てくれました。切れ味を生かせましたが、もう少しうまく立ち回れていれば、とも思います。

⑨着ヒーズインラブ(藤岡康騎手) 道中は我慢がきいていましたよ。直線に向いた時、スペースにスッと入っていけなかったのは休み明けの分でしょう。次は良くなると思いますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る