大谷剣市
著者のコラム一覧
大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。2015年は有馬記念の馬連6840円を◎サウンズオブアースでズバリ的中。昨秋もアルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯を連続で的中させ、勢いがついたら止まらない。東西トップを走る堀厩舎を担当。ジャッジは的確だ。

【月曜中山11R・セントライト記念】ブレステイキング好配当

公開日: 更新日:

 3日間競馬を締めくくるのは菊花賞TRのセントライト記念。春の実績馬や夏の上がり馬が激突する。その中、大谷記者が狙うのは――。

 ブレステイキングが秋初戦を重賞制覇で飾る。

「去年の秋から今年の春にかけてはカイバ食いが細かったし、体質的にも弱かったんです。素質だけで走っていた感じでしたね」

 森助手が振り返った通り、デビュー戦の時点では484キロ。そこから徐々に体重が減り続けて、前走時は470キロでの出走だった。

 そんな状況の中でも2走前のプリンシパルSではコズミックフォースの②着。ここにも出走してくるダービー③着馬に、上がり最速の33秒6で頭差まで迫ったのだから、潜在能力の高さは疑いようがない。

 ダービー切符こそ逃したものの、休み前の前走では一千万でも②着の実績がある降級馬チャロネグロを相手に完勝。きっちり賞金を加算したことで、夏場は放牧に出して秋へと備えることができた。

 この充電期間が成長を大きく促すことに。

「ひと夏越してカイ食いが良くなりました。精神面、肉体面ともに成長。ようやく素質に体が追いついてきましたね」

 確かなパワーアップは今週の追い切りからもうかがえる。

 ゼーゲンと古馬クラシコを相手に3頭併せの最内で、1頭だけ持ったまま半馬身先着。「火曜で488キロ」とひと回り大きくなった体で、動きにも春にはなかった力強さが加わった。

常勝軍団の期待馬が開花

 ディープ産駒で母シユーマはサンチャリオットS(英)、EPテイラーS(加)と2カ国のGⅠ勝ち。好素材が揃う東の常勝軍団・堀厩舎の現3歳世代の中でも、もともと能力は高く評価されていた良血馬だ。

 それだけに、秋は飛躍に向けて、かかる期待は大きい。まずはトライアルのここで結果を出し、GⅠの大舞台へと駒を進める。

 3連単は頭固定で手広く。馬単はプリンシパルSで先着を許したコズミックフォースを厚めに買いたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る