【スプリンターズS】ナックビーナスは最後まで集中

公開日: 更新日:

楽な手応えで5F67秒1

 キーンランドC快勝後は短期放牧でリフレッシュ。9月6日に帰厩して以降はウッドで順調で乗り込まれている。

 2週前は4F56秒0と少し遅めの時計での立ち上げだったこともあり、1週前はピッチを上げてきた。先行する2歳2頭を5Fで1秒8追走しての直線併せ。5F66秒9―37秒5の好時計で併入に持ち込むハード追い。この効果はけさの動きにしっかりと表れていた。

 ウッドで2歳1勝馬と併せ馬。終始、楽な手応えで併入の5F67秒1―37秒0、1F12秒6をマーク。先週はモタモタしていたところもあったが、けさは最後まで集中力を切らすことなく走れていた。体の張りは良く、500キロを超す馬体は迫力十分。大一番に向けて申し分ない仕上がりといっていい。

○…スタンド2階で動きを見届けた永井厩務員は「先週3頭併せでビシッと追ったことで変わってくれたね。今週は楽に前に取りついたし、これでちょうどいい仕上がりになるよ」と合格点を出した。「体に張りがあっていい感じ。おそらく体重も同じくらいで出せると思う。デキについては納得できるところまで持っていけそうなんで、あとはマジックマン(モレイラ騎手)にお任せだよ」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る