弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【火曜阪神7R】弘中の見解と厳選!厩舎の本音

公開日: 更新日:

 休養前は⑤⑤④着だったドラゴンマジック。あとワンパンチ足りない面もあるが、晴雨不問で確実に追い込んでくる末脚は頼りになる。馬群を苦にせず、イン突きもできるタイプ。最終週の芝、天候悪化はこの馬に大いに味方する。

【厳選!厩舎の本音】
アグネススターダム
 河内調教師 帰厩後は好調教を連発。ああ、今までの休み明けの中でも一番いい仕上がりだと思うぞ。前、前で自分の形ならしぶといし、ゆったりと運べる外回りも競馬がしやすい。これは面白いんじゃないか。

ダノンフォーチュン
 大久保調教師 以前は背腰の緩さからくるもので、ハミの取り方がよくなくて。それで、競馬も内にもたれましたが、緩い中でもいいレベルに上がってきました。素質は高いはずですよ。

ハギノカエラ
 鮫島調教師 前走は脚をためて、しまいもしっかりと伸びてた。勝ち馬は強かったけど、②着とは接戦だったし、ここにきて安定してきたね。うん、中1週で使えるのも状態のいい証拠だよ。

プルンクザール
 川副調教助手 前走は帰厩時からもうひとつ。競馬でもゴチャついて。今回は元気がいいし、走りっぷりからよくなっているからね。もう少しやれてもいいと思うよ。

ラドルクス
 安達調教師 短期放牧を挟みましたが、相変わらずテンションは高め。久々の当日輸送がどうかですが、以前より力はつけていますからね。時計がかかれば善戦も。

ワイプティアーズ
 蓮見調教助手 前走はまくり上げる競馬で長く脚を使っていたし、強い内容だった。昇級戦でどこまでやれるか、半信半疑な面はあるものの、楽しみは持ってるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る