勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【火曜阪神】3Rスパーダ→12Rストーミーのダート出走オルフェ産駒に注目

公開日: 更新日:

 2015年産、3歳馬の未勝利戦が終わる。今年の“スーパー未勝利”では、和田が6鞍、内田が9鞍騎乗でともに3勝ずつを挙げ、救世主の役割を果たしている。日曜の最終日に前者の騎乗がないのは残念だが、中山3Rで内田が乗るナイトジュレップにはちょっと注目。






【阪神3R・3歳未勝利】 関西最後となる3歳未勝利戦は◎スパーダドーロに期待。

 イレ込み癖を含め、気性面に難あり。そんなデビュー2戦のイメージから、去勢後の前2走は精神面での成長をみせている。レース前の消耗度は薄れ、同時にレース運びも上達しての⑤⑥着だった。ただし、ホルモンバランスが崩れやすいのが去勢直後。肉体面まで整い切れず、最後のひと押しまでは効かなかった印象が強い。

 その意味で、前走からひと月調整できた今回は中身が違うか。前2走以上に走れる態勢と判断していいだろう。

 また、オルフェーヴルの初年度産駒は今年、全45勝中、ダートで20勝。適性を見せ始めた。スパーダの初ダートもガラリ一変の舞台。ラストチャンスをものにする。

【阪神12R・3歳上一千万下】 オルフェ産駒でダート最多タイの2勝を挙げる◎ストーミーバローズ。VTRで確認すると分かるが、前走インディアTは3角から鞍が後ろにズレた状態で②着に鋭伸した。③着チュウワウィザードが直後に連勝。オープン入りを果たしたことからも、レベルの高い連対だ。ここはあっさり決める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る