【火曜阪神10R・道頓堀S】出走全馬の特選情報

公開日: 更新日:

①ブロワ
 徳吉調教助手 先週は昇級初戦で、自分の形に持ち込めなかった。連闘でも疲れはないので大丈夫。少頭数はマイペースで運べそうなのでありがたいね。クラス慣れも見込めるし、前進を期待してるよ。

②オーヴィレール
 今野調教師 この前は4角手前でステッキが入って。ムラっぽい一面が出てきた感じですが、状態に関して気になるところはないですよ。真面目に走れば力は足りる馬。行くか控えるか。メリハリを利かせた競馬で。

③クラウンルシフェル
 天間調教師 先週の中山(セプテンバーS)も考えたけど、時計が速いイメージがあったんだ。それで、今週の阪神へ。在厩調整で変わらずにきてるし、すんなり前に行けるようなら。

④カイザーメランジェ
 中野調教師 頭数が手頃なので連闘することに。前走は外枠で競馬がしにくく、掛かる面がありました。うまくためが利かせれば、このクラスでもやれていいはず。タフな馬だし、期待しています。

⑤ブライティアレディ
――前走は休養明けの昇級戦で②着好走。
 武幸調教師 しっかり乗り込んでいたし、プラス10キロでもいい体つきでした。ここにきてスタートが安定し、前走は小回りでも上手に立ち回ってくれた。あまり追い詰めない形で出走できているのが、いい方へ向いているのかな。
――中3週です。
 武幸師 使った後も馬体減りはないし、具合もいいので、続戦させてみます。前走のような競馬ができれば、大崩れすることはないと思いますよ。

⑥ヤマカツグレース
――前走は久々に掲示板を確保しました。
 池添兼調教師 準オープンを勝った時と同じ舞台だったからな。変わってくれると思ってた。直線で少し前が詰まっての④着やし、力は見せてくれたんじゃないか。
――今回は千二です。
 池添兼師 結果は出てないが、前回の鞍上は「千二でも大丈夫」と。今回はさばきやすい頭数でもあるし、もう一度使ってみることに。今週のCウッドは馬なりで1F11秒6と状態もいい。そこらで違った結果を。

⑦ゲンキチハヤブサ
 釘田調教助手 先週のセプテンバーSで1頭の除外に。でも、頭数やメンバー構成から、かえって延びて正解かも。昇級後は苦戦続きですが、2走前は見せ場も。この条件なら力を出し切れると思いますよ。

⑧サフランハート
 村田調教助手 前回はいかにも久々のレースぶり。それでも、大崩れなくまとめていたから、準オープンでもやれそうですね。まだ良化途上の感じですが、ダメージなくこれたのは確か。前進を期待したいです。

⑨ブラッククローバー
 釘田調教助手 前回は最内枠で引くに引けない形に。とはいえ、そこまで無理した感じもなかったから、もうひとつの内容でした。間隔があいて攻め量も足りなかったですね。今回は大丈夫。巻き返しを期待します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る