【火曜阪神11R・ポートアイランドS】出走全馬の特選情報

公開日: 更新日:

①テイエムイナズマ
 武英調教師 前走後もしっかり調教を積んでこれました。脚元の心配もないし、引き続きいい状態でレースに臨めそうですよ。2走前に続いて、前走も最後でいい脚を使ってくれた。オープン特別ならまだやれますね。

②ブラックスピネル
 音無調教師 春先は調教自体がもうひとつだったし、結果も出なかった。でも、今回はいいと思いますよ。動きから違うし、今週も攻め駆けする相手(インディチャンプ)に1秒以上も先着したくらい。オープン特別で勝ち癖をつけてほしいですね。

③リバティハイツ
――休み明けのクイーンSは⑩着でした。
 高野調教師 距離が長かったのかもしれないし、コーナーワークがもうひとつ上手ではなかった。ジョッキーも「流れに乗れなかった」と。そういう意味でもワンターンの舞台はいいと思います。
――追い切りは坂路で4F56秒9。
 高野師 馬場状態が悪くて時計は出ませんでしたが、いい負荷がかかったし、動きも良かったと思います。この条件でどういう走りをするかを見てみたいですね。

④ベステンダンク
 安達調教師 トリッキーな中山コース。一完歩目でつまずいて、大外枠でもあり、厳しい流れになってしまいました。状態は変わりなくきているし、2走前がこの阪神で強い勝ち方。自分のリズムで走れるなら。

⑤プリメラアスール
 鈴木孝調教師 乗り込み量に不足はなく、先週にも使えたぐらい。体に息もできていますよ。ただ、久々のマイル戦がどうなのか。さすがに忙しい感じはするし、次につながるようなレースができれば、かな。

⑥デンコウアンジュ
――4カ月半ぶりですが、仕上がりは。
 佐藤調教助手 休み明けは結果が出てないし、本質的には使って使って良くなるタイプだからね。でも、今回はそこらを考えて、早めに戻してきた。ここまで十分に乗り込んできたよ。息もしっかりとできてる。
――今回は期待できそうですね。
 佐藤助手 そこは何とも言えないけど、復帰戦がマイルってのはいい。あとは、この馬の瞬発力が生きる流れになってくれるかどうかだね。

⑦ミエノサクシード
 高橋亮調教師 オープンでは厳しい競馬が続きますが、決め手は決して見劣らないですからね。放牧明けも仕上がりに手間取るタイプではなく、いい状態ですよ。今回のメンバーなら何とかできないですか。

【休養馬カルテ】
 デンコウアンジュは8月31日に帰厩。翌週の9月2日にはポリトラックで初時計と始動が早く、ひと追いごとに動きも良くなっている。久々に実績はないが、今回はやれてもおかしくない。

 ブラックスピネルは9月4日に帰厩。坂路でダンビュライト、アードラーの同僚オープン馬とビッシリ併せ馬を消化した。2週続けて4F52秒2で先着。春より動きは良く、不振脱出は近い。

 放牧立て直しのプリメラアスールは8月29日に戻ってきた。コース、坂路併用で順調に乗り込まれ、動きは悪くない。ただ、これだけ長い休みは初めて。マイルの距離も含め割引は必要か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る