木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

池添 期待が膨らむサンマルティン

公開日:

 池添は夏の締めくくりである新潟記念を、圧倒的1番人気ブラストワンピースとのコンビで大外一気の豪快な差し切り勝ちを決めた。

「ダービーで悔しい思いをしたので、菊花賞をこの馬と取りたい。いや、取らなければいけないと思ってる」

 三冠ジョッキーにそこまで言わしめるブラストワンピースと出あったのが、今年上半期の美浦滞在だ。そんな池添が先週、美浦へやってきた。

「下半期も美浦に滞在するんですか」と冗談めかして聞くと、「いつまでいさせる気やねん!(笑い)。(スプリンターズSに出走した)セイウンコウセイともう一頭、楽しみな馬の攻め馬にきたんだよ」との答えが。

 その期待馬が毎日王冠のサンマルティンだ。

――2戦続けて手綱を取っています。振り返ってください。まずは直線一気を決めた都大路Sから。
池添騎手 「引っ掛かると聞いていたし、その通り、返し馬やパドックでもうるさい感じで。だからレースでは折り合い重視で運んだんだ。うまくいって最後の末脚を引き出すことができて、強い勝ちっぷりだったね」

――小倉記念は⑦着まで。
「道中は我慢して走ってくれたんだけど、勝負どころで他馬が下がってきた時にモロにあおりを受けてしまって。それに上がりが速過ぎる展開も向かなかったよ」

――1週前の追い切りにまたがりました。ウッドで4F53秒8―38秒4、1F12秒2。感触はどうでしたか。
「順調だね。しまいの反応も良かったよ。調教では乗りやすくなったね。ハミを替えた効果かな」

――どのようなレースをイメージしていますか。
「これまでは掛かるところがあるので、折り合いに重点を置いてきたけど、今の雰囲気なら攻めたレースをしてみてもいいかもと思ってるよ」

「噛み合えば重賞でも」

――GⅠ馬もいて、なかなかの好メンバーです。
「それもそうだし、開幕週ってこともあるから、あんまり構えても間に合わない。だからこそ、ゲートを普通に決めて、いい位置でレースを進めたい。1F短縮もプラスだし、噛み合えば重賞でも足りる能力は持ってる。スムーズに運んで(タイトルを)狙いたいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る