【凱旋門賞】有力馬プロフィル

公開日: 更新日:

⑤ヴァルトガイスト
 前哨戦のフォワ賞をノーステッキで完勝したのがこの馬。これで今季は5月のエドヴィル賞からフォワ賞まで、芝二千四百メートルの重賞で4連勝中。この距離では無類の強さを誇っている。凱旋門賞で史上最多の7勝を挙げているファーブル厩舎の管理馬でもある。

⑥クロスオブスターズ
 昨年はGⅠガネー賞を勝ち、凱旋門賞でも②着だった。ただし、今季はドバイシーマクラシック、ガネー賞とGⅠで連続③着。折り合いに苦労する面を見せて、6戦して勝ち切れずにいる。昨年、好走したレースで復活があるか。なお、この馬もファーブル厩舎だ。

⑦タリスマニック
 こちらもファーブル厩舎所属で、昨夏に重賞初勝利を挙げると、BCターフでGⅠ初制覇。そして暮れの香港ヴァーズでも②着。今年は初ダートのドバイワールドCこそ⑨着に敗れたが、GⅢゴントービロン賞勝ちに、前走フォワ賞でも②着と好走。安定感のある走りを見せている。

⑩エネイブル
 昨年はGⅠ4連勝で迎えた凱旋門賞で2馬身半差の圧勝劇を演じた。欧州年度代表馬にも輝いている。今季はヒザの故障で復帰が遅れたが、11カ月ぶりの前走、セプテンバーSで3馬身半差のV。変わらぬ強さを見せた。押しも押されもせぬ現役世界最強牝馬で史上7頭目の連覇を目指す。

⑬キューガーデンズ
 ここにきて力をつけてきた3歳馬。春は英ダービーで⑨着に敗れたが、7月のパリ大賞でGⅠ初勝利。前走の英セントレジャーでは②着に2馬身4分の1差をつける完勝だった。一昨年の凱旋門賞で①~③着を独占したオブライエン厩舎で、その“ファーストドライバー”ムーアが手綱を取る。

⑭スタディオブマン
 ディープインパクト産駒の仏国調教馬で、今年の仏ダービー馬。ここ2戦は③⑤着と精彩を欠いているが、同産駒初の凱旋門賞制覇を狙う。ちなみに鞍上パスキエは、父ディープが参戦した凱旋門賞で①着だったレイルリンクに騎乗していた。

⑲シーオブクラス
 デビューは今年4月と遅かったが、初戦②着後に4連勝。重賞初挑戦の愛オークスは最後方から直線一気でいきなりGⅠを獲得した。続くヨークシャーオークスで2つ目のビッグタイトル。そこからの参戦は昨年のエネイブルと同じ。強烈な差し脚で戴冠を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る