【凱旋門賞】有力馬プロフィル

公開日:

⑤ヴァルトガイスト
 前哨戦のフォワ賞をノーステッキで完勝したのがこの馬。これで今季は5月のエドヴィル賞からフォワ賞まで、芝二千四百メートルの重賞で4連勝中。この距離では無類の強さを誇っている。凱旋門賞で史上最多の7勝を挙げているファーブル厩舎の管理馬でもある。

⑥クロスオブスターズ
 昨年はGⅠガネー賞を勝ち、凱旋門賞でも②着だった。ただし、今季はドバイシーマクラシック、ガネー賞とGⅠで連続③着。折り合いに苦労する面を見せて、6戦して勝ち切れずにいる。昨年、好走したレースで復活があるか。なお、この馬もファーブル厩舎だ。

⑦タリスマニック
 こちらもファーブル厩舎所属で、昨夏に重賞初勝利を挙げると、BCターフでGⅠ初制覇。そして暮れの香港ヴァーズでも②着。今年は初ダートのドバイワールドCこそ⑨着に敗れたが、GⅢゴントービロン賞勝ちに、前走フォワ賞でも②着と好走。安定感のある走りを見せている。

⑩エネイブル
 昨年はGⅠ4連勝で迎えた凱旋門賞で2馬身半差の圧勝劇を演じた。欧州年度代表馬にも輝いている。今季はヒザの故障で復帰が遅れたが、11カ月ぶりの前走、セプテンバーSで3馬身半差のV。変わらぬ強さを見せた。押しも押されもせぬ現役世界最強牝馬で史上7頭目の連覇を目指す。

⑬キューガーデンズ
 ここにきて力をつけてきた3歳馬。春は英ダービーで⑨着に敗れたが、7月のパリ大賞でGⅠ初勝利。前走の英セントレジャーでは②着に2馬身4分の1差をつける完勝だった。一昨年の凱旋門賞で①~③着を独占したオブライエン厩舎で、その“ファーストドライバー”ムーアが手綱を取る。

⑭スタディオブマン
 ディープインパクト産駒の仏国調教馬で、今年の仏ダービー馬。ここ2戦は③⑤着と精彩を欠いているが、同産駒初の凱旋門賞制覇を狙う。ちなみに鞍上パスキエは、父ディープが参戦した凱旋門賞で①着だったレイルリンクに騎乗していた。

⑲シーオブクラス
 デビューは今年4月と遅かったが、初戦②着後に4連勝。重賞初挑戦の愛オークスは最後方から直線一気でいきなりGⅠを獲得した。続くヨークシャーオークスで2つ目のビッグタイトル。そこからの参戦は昨年のエネイブルと同じ。強烈な差し脚で戴冠を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る