武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【凱旋門賞】強敵相手の前哨戦圧勝 ヴァルトガイスト頭勝負

公開日:

 過去10年間で3歳馬が7勝し、古馬の優勝は全て4歳牝馬という偏りがあるレース。今年も要注意の存在であることに変わりはない。

 とはいえ、4歳牝馬エネイブルは順調さを欠いて、今年はまだ1戦しただけ。その割には断然人気を背負う。

 3歳牝馬の代表シーオブクラスは典型的な差し一辺倒の馬。この多頭数をどうやってさばいてくるか。勝った4戦は全て8頭立て以下なのだ。

 ◎はヴァルトガイストでいく。前哨戦のGⅡフォワ賞勝ちはかなり強烈だった。

 そのフォワ賞は本番と同じ舞台の4歳以上限定戦。だが、強い牝馬は同日のヴェルメイユ賞に回り、前日には愛チャンピオンSがあるため、近年はあまりメンバーが揃わない傾向にある。

 ところが今年は違う。わずか6頭立てながら、タリスマニック(②着)は昨年のBCターフ馬。クロスオブスターズ(③着)は昨年の凱旋門賞の②着馬。カプリ(⑤着)も昨年の愛ダービー馬。クリンチャーがかなり格下に見えるほどの好メンバーだった。

 そんな中で際立った勝ちっぷりだったのがヴァルトガイスト。最後方から直線で伸びるとアッという間に先頭へ。最後はブドーが押さえたままでのゴールだ。

 レースの上がり推定は33秒台。勝負どころから坂を下って最後は平坦というパリロンシャン向きの瞬発力がある。

 “キングジョージ”を馬場が硬いことを理由に回避した馬が、これだけの切れ味を見せたのだ。現在4連勝と充実一途。勝つのはこの馬と信じて、3連単は頭勝負!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る