橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【月曜京都11R・京都大賞典】橘の鬼穴勝負 ブレスジャーニー一発あり

公開日: 更新日:

土曜競馬大当たり 10万馬券連発

 鬼才・橘は先週日曜の中山3Rで3連単115万馬券をズバリ。今週も3日間競馬の初日に京都の北國新聞杯で3連単10万8940円、東京の西湖特別で馬単16万5880円と東西でビッグ配当を仕留めた。最終日のメインも大穴勝負だ。

和田が今週も持ってくる

 ブレスジャーニーの大駆けだ。

 京都大賞典は西のGⅠ前哨戦として重要なレース。秋をここから始動するGⅠ実績馬は多い。しかし、決して順当決着ばかりではない。

 過去10年を見ると、6番人気以下が1勝②着6回③着2回と3分の1近くの9頭も馬券絡みをしている。平均出走頭数が11・5頭だから、真ん中より人気のない伏兵が健闘してきたわけ。

 今年も穴馬を要チェック。狙ってみたいのがブレスだ。

 2歳時にはサウジアラビアロイヤルC、東京スポーツ杯2歳Sと重賞ブッコ抜き。当時の②着がダンビュライト、スワーヴリチャード。現4歳世代でトップクラスの潜在能力を持っている。

 その後は長期の戦線離脱などがあり、先頭ゴールはない。とはいえ、この夏は北海道シリーズに参戦し、得意と思えない小回りコースで巴賞⑤着↓函館記念④着↓丹頂S④着ときっちり3戦を消化してきた。

 栗東に戻った後も先週まで3本の時計を出し、今週もCウッド6F84秒7―39秒8、ラスト1F11秒8と直線はしっかり追われた。これなら上昇カーブを描いて、実績ある広いコースに臨めるに違いない。

 今回は和田との初コンビ。今年は前半戦締めくくりの宝塚記念で7番人気ミッキーロケットでうれしいビッグタイトルを獲得。そして、夏~秋にも重賞戦線で“らしい”活躍を見せている。

 8月は北九州記念で7番人気ラブカンプーが③着し、9月も小倉2歳Sで9番人気ミヤジシルフィードが③着。先週は土曜にシリウスSでテン乗りの2番人気オメガパフュームでV。返す刀で日曜のスプリンターズSでは11番人気ラブカンプーが見せ場たっぷりの首差②着といった具合だ。

 ブレスは2年前の3日間競馬の初日、前記の通り、サウジアラビアロイヤルCで勝ち名乗りを上げた。それから2年後、最終日のここで復活を遂げる。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る