【秋華賞】ミッキーチャーム1F11秒3 上がり馬の勢いまざまざ

公開日: 更新日:

 夏の北海道シリーズで3連勝を決めたミッキーチャームは放牧を経て栗東に帰厩。当初は馬体の張りがいまひとつに見えた時期もあったが、ここにきてグングンと良化。先週はCウッドで6F81秒7―37秒2、ラスト1F11秒4と素晴らしい動きを披露していた。

 けさは角馬場からCウッド単走のメニュー。落ち着きがあるのが何よりだったし、行き出してからも鞍上鞍下の呼吸はぴったり。だからこそ、しっかりとタメが利いた。

 直線は川田が手綱を緩めると、自然と脚の回転が早まって1F11秒3のフィニッシュ。全体時計は6F82秒4―37秒1だった。

 馬体の張りに加えて、毛ヅヤも冴えに冴えている印象。そう、まさにピークと思える状態に仕上げてきたといっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る