【秋華賞】アーモンドアイ坂路快走49秒7 3冠へ一点の曇りなし

公開日: 更新日:

 アーモンドアイ、牝馬3冠へ視界良好――。そう印象づける快走だった。

 火曜にウッドで左前脚に交突(前脚と後脚が接触すること)の軽い症状があったため、大事を取って当初のウッド追いの予定を坂路に変更。

 だが、そんなトラブルをいとも簡単にはねのけた。僚馬ミッキークロス(古馬五百万)を1秒4追い掛けて、2F手前でその差を0秒7に縮め、1Fでも0秒2。ラストは馬なりで併入フィニッシュだが、その時計が何と4F49秒7―12秒5!速いタイムが出ているけさの坂路とはいえ、その脚力は突出していた。

 モニターを見ていたスタッフやジョッキーから驚き、感嘆の声が出ていたほど。馬道に上がってきても息が乱れることはなく、春先より筋肉がついてメリハリが利いた馬体に。仕上がりの良さは一目瞭然だ。

 圧倒的なパフォーマンスで偉大な記録を成し遂げるか。もはや、レースを待つだけと言っても過言ではない。

○…記者会見に臨んだ国枝師は坂路追いになった経緯を「馬が充実して踏み込みが良くなったからなんだろう。それでも、素晴らしい動きだったんじゃないかな」と笑顔を見せた。「ほとんど追ってなかったし、この馬の能力は凄いモノがあるね。心身とも成長して、“これなら十分いけるな”という手応えはあるよ」と終始、にこやかな会見だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  2. 2

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  3. 3

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  4. 4

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

  5. 5

    クレラップCM“おかっぱガール”工藤あかりさんは現役慶大生

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    ドラマ“逃げ恥”の制作会社も「令和の倒産」大都市で急増中

  8. 8

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤さん 芸人と兼ねる意外な仕事とは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る