アーモンドアイだけじゃない 今週は国枝厩舎が馬券の肝?

公開日:

 今週の主役は何といっても美浦・国枝厩舎だろう。アーモンドアイで臨む秋華賞では史上5頭目の3冠牝馬のタイトルを狙うからだ。

 今年はここまで34勝を挙げて、キャリアハイをマークした昨年の48勝に迫る勢い。厩舎に大将格がドーンといれば、相乗効果で他馬もボトムアップしていくケースは決して珍しくない。

 実際、重賞とオープン特別では今年〈85224〉、連対率・333の好成績を残している。

 その勢いに乗っているのが、土曜のGⅡ府中牝馬Sに出走するフロンテアクイーンだ。

 格上挑戦した昨年末のターコイズSで②着すると、今年は中山牝馬S、クイーンSでともに②着と重賞で好走を繰り返している。特に前走は心房細動明けの一戦で、GⅠ馬らを相手の接戦は高く評価できる。

 水曜の最終追いに乗った蛯名は「一息入って少し馬体に余裕があったけど、これで変わってくるだろう。走る気持ちがあったし、問題ない」と感触は上々。重賞での②着はすでに5回も。今度こそは待望の重賞Vに期待したいところだ。

 ほかにも現級勝ち実績のあるミッキークロス、休み明けになるがダイワスカーレットの娘という良血馬ダイワメモリー、前走1番人気⑦着から巻き返しを狙うタンタフエルサなど、粒揃いのメンバーがスタンバイ。アーモンドアイ以外の出走馬も軽視は禁物だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る