【秋華賞】サラキア池添学師直撃「すべて噛み合えばチャンスも」

公開日: 更新日:

 サラキアはチューリップ賞、フローラSともに④着で、春2冠には出走がかなわなかった。しかし、秋はローズS②着で最後の1冠にゲートイン成功。アッといわせることができるか。陣営に聞いた。

 ――今週はCウッドで単走でした。

池添学調教師「全体時計を気にせず、気持ち良く走らせました。多少行きたがる面があっても、抑えが利いて、しまいの伸びは良かったですね。ちょっと促しただけでギアが変わっていた」

 ――春との違いは。

「あの頃はカイバ食いが悪くなり、しぼむところがありました。でも、ひと夏を越して、張りが出て実が入ってきた。春は無理させず、成長を妨げないようにやってきました」

 ――トライアルのローズSは②着でした。

「あの週の阪神は内の前が有利な中、しっかり外から伸びて②着。これまではゲート内でソワソワしてたのに、落ち着いていて、今までで一番スタートも良かったですね」

 ――京都内回り二千に替わります。

「直線が平坦なのはプラスに働くと思います。2走前には小回りの小倉で自分から動いて勝っている。スタートが課題になりますが、その辺はジョッキーに任せます」

 ――相手は揃います。

「強い馬がたくさんいますね。アーモンドアイより後ろだと厳しいと思います。最初のポジションが重要。ここまで凄く順調ですし、すべて噛み合えばチャンスも」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る