橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【土曜東京11R・府中牝馬S】本格化ムードキョウワゼノビア

公開日:

 先週土曜は関西馬◎で2本の10万馬券。3日間競馬明けの今週も栗東であっちへこっちへ穴馬探し。いました。

【東京11R・府中牝馬S】 キョウワゼノビアで勝負!

 普通なら下降線を描いて不思議ない5歳牝馬。しかし、ハーツクライ産駒らしく、年齢を重ねてレベルアップしている。

 3歳時には5戦目に勝ち上がり。その後は五百万でしばらく足踏みが続いた。

 2勝目は初Vから6戦目の4歳初戦だった。続いて一千万も制したが、夏のクラス替え後は同クラスで善戦止まり。

 今年になり、7戦目でようやく卒業。そこからはちょっと違った。

 初の準オープンだった多摩川Sは[7][7][8]からメンバー最速の3F33秒4の末脚で0秒4差⑤着と掲示板入り。6番人気以上の走りを見せた。続く新潟日報賞は4番人気で⑦着も、着差は0秒2と詰めている。

 そして、前走の長岡Sだ。

 8番人気のここではいつもよりスタートを決めると、道中は抜群の手応えで好位を追走した。直線を向いて残り2F過ぎから追い出されるとしぶとい伸びを見せる。

 ラスト1Fで先頭へ。そのまま後続の追い上げを頭、頭差しのいで先頭ゴールインだ。

 クラス3戦目でのオープン昇格。過去のキャリを考えると、本格化ムードを感じる。

 中間はここが目標。

 中5週とちょうどいい間隔で仕上げも進んだ。今週は坂路4F54秒0―12秒2。前走時と同様、切れのある動きだった。

 前走は単勝2460円。馬単3万7510円、3連単18万2580円のビッグ配当に。

 このレースの3連単は過去10年で09年が42万、10年が42万、12年が17万、15年が16万……。今年の波乱の使者に抜てきだ。

【東京8R・3歳上一千万下】ナンヨープルートー頭勝負

 ナンヨープルートーが狙い目。

 夏の小倉戦以来だが、仕上がりは良好。今週も秋華賞出走のラッキーライラックのパートナーを務めた。

「いい動きを見せていましたね。良くなっていると思います。二千百なら前、前の競馬ができるでしょう。このクラスを勝っていますしね」(松永幹師)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る