【秋華賞】アーモンドアイは? 単勝1.5倍以下の断然馬が…

公開日:

 次々とライバルが離脱して、今年の秋華賞はアーモンドアイの3冠なるかだけが焦点といってもいいくらいだ。

 では、単勝オッズはどうなる!?

 過去の秋華賞で最も人気を集めたのは02年ファインモーションで1・1倍。12年に3冠を成し遂げたジェンティルドンナは1・3倍だった。

 オークスでは1・7倍だったアーモンドアイ。今度はもっと人気を集めそう。ただ、気掛かりはここ5年ほど、平地GⅠで単勝1・5倍以下の断然の馬がコロコロと負けていること。

 14年オークスではハープスター=1・3倍、同年秋華賞ではヌーヴォレコルト=1・5倍がともに②着。15年朝日杯FSのエアスピネル=1・5も②着に敗れた。

 これら3頭はいずれも連は確保しているが、16年桜花賞のメジャーエンブレム=1・5倍は④着、17年桜花賞のソウルスターリング=1・4倍は③着、17年宝塚記念のキタサンブラック=1・4倍は⑨着……。目下6連敗中で、3回連続で連から消えている。

 いくら断然人気を背負っていても、何が起きるか分からないのが競馬。アーモンドアイは果たして、この流れを止めることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る