弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【秋華賞】秋も主役 3冠達成だアーモンドアイ

公開日:

 アーモンドアイが3冠を達成する。

「トリプルクラウンを意識しますね」
 桜花賞の後、こうコメントしたのがルメール。その言葉がまさに現実化しようとしている。それほどまでに春2冠は規格外の強さだった。

 桜花賞は3F33秒2の末脚で4角16番手からゴボウ抜き。レースレコードで2歳女王ラッキーライラックらを並ぶ間もなく差し切ると、オークスはパフォーマンスをさらに上げる。

 道中6番手から直線で一気に抜け出すと、残り50メートルでルメールが後ろを振り返る余裕まで。繰り出した末脚3F33秒2はオークス史上最速で、勝ち時計2分23秒8はジェンティルドンナのレコードに0秒2差。文句なしの2冠制覇だ。

 秋はオークスからぶっつけのローテーションを選択。火曜日に左前脚を交突(前脚と後脚が接触すること)したが、ウッドから坂路に変更された最終追いはトラブルなどどこ吹く風。圧巻の4F49秒7をマークした。

「(交突は)馬が充実して、トモの踏み込みが強くなったからだろう。素晴らしい動きだったし、レースでも普通に走ってくれたら何とかなると思いますよ」は国枝師。

 その仕上げ、自信度にブレはない。

 史上5頭目、師にとってはアパパネ以来2度目の偉業を成し遂げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る