弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【秋華賞】秋も主役 3冠達成だアーモンドアイ

公開日: 更新日:

 アーモンドアイが3冠を達成する。

「トリプルクラウンを意識しますね」
 桜花賞の後、こうコメントしたのがルメール。その言葉がまさに現実化しようとしている。それほどまでに春2冠は規格外の強さだった。

 桜花賞は3F33秒2の末脚で4角16番手からゴボウ抜き。レースレコードで2歳女王ラッキーライラックらを並ぶ間もなく差し切ると、オークスはパフォーマンスをさらに上げる。

 道中6番手から直線で一気に抜け出すと、残り50メートルでルメールが後ろを振り返る余裕まで。繰り出した末脚3F33秒2はオークス史上最速で、勝ち時計2分23秒8はジェンティルドンナのレコードに0秒2差。文句なしの2冠制覇だ。

 秋はオークスからぶっつけのローテーションを選択。火曜日に左前脚を交突(前脚と後脚が接触すること)したが、ウッドから坂路に変更された最終追いはトラブルなどどこ吹く風。圧巻の4F49秒7をマークした。

「(交突は)馬が充実して、トモの踏み込みが強くなったからだろう。素晴らしい動きだったし、レースでも普通に走ってくれたら何とかなると思いますよ」は国枝師。

 その仕上げ、自信度にブレはない。

 史上5頭目、師にとってはアパパネ以来2度目の偉業を成し遂げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る