武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【秋華賞】すでに歴代の名馬クラス アーモンドアイ断然

公開日:

 96年にはエアグルーヴが最初で最後の大敗(⑩着)を喫し、09年はブエナビスタが2位入線→③着降着となり、12年にはジェンティルドンナがわずか鼻差での勝利。秋華賞はのちに“女傑”とか“名牝”と呼ばれる馬でも負けたり、苦戦したりするケースが目立つ。

 そこでさまざまなデータを駆使して穴馬探しを試みたが……。

 結論は◎アーモンドアイ。とにかく、同世代の間では脚力の違いは明らか。堂々の3冠達成だ。

 春2冠を制した剛脚は上がり33秒2。他に牝馬2冠でともに33秒台を使った馬は3頭しかいない(ブエナビスタ、ハープスター、シンハライト)。

 しかも、〈成績柱〉の上がり3Fのところが示す通り、デビューからの5戦全てが最速で、新馬戦②着の後は4連勝。このように「デビューから5戦連続で上がり最速をマークし、4勝以上」というのはディープインパクト(5連勝)、ウオッカ、ブエナビスタ、ハープスターしかいない。すでに歴代の名馬クラスだ。

 凱旋門賞連覇のエネイブル、28連勝(そのうちGⅠは9連勝)を継続中のオーストラリアのウィンクスなど、今は世界的に牝馬の時代。アーモンドアイにはこれらに肩を並べるような活躍を期待して、馬券は馬単、3連単とも①着流しのみで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る