亀井辰之介
著者のコラム一覧
亀井辰之介

メーンレースまでの稼ぎ場をあらゆる角度から徹底的にリサーチ。ピックアップした推奨レースに鋭い視点で切り込んでタマを何倍にも増やしていく西のスナイパー。

【秋華賞】プリモシーン大物食い

公開日:

ローズSの22万馬券をズバリ

 血統馬券の亀井記者は前哨戦のローズSの3連単22万2880円を◎▲△でズバリ。アッと言わせた。もちろん、本番も仕留めるつもりだ。注目の狙い馬は――。

父ディープ×母父スピードタイプは秋華賞4勝

 ◎はディープインパクト産駒のプリモシーン。

 ディープ産駒が桜花賞、ダービーと並び、最多の4勝を挙げるGⅠが秋華賞だ。この勝ち馬4頭には共通点がある。

 母の父がベルトリーニ(ダンチヒ系)、フレンチデピュティ(デピュティミニスター系)、ゴールドアウェイ(ヌレイエフ系)、マキャヴェリアン(マイラー型ミスプロ系)とスピード勝負に強いタイプだったこと。

 一方で、同産駒でもキングカメハメハにアカテナンゴと持久力タイプの母父を持つデニムアンドルビーとビッシュはともに1番人気で④⑩着。京都内回りの舞台で求められるのは、根幹に流れるスピード能力の高さと言える。

 その点、プリモの母父はダンチヒ系のファストネットロック。豪州リーディングサイアーにも輝いた名スプリンターである。ダンチヒ系は父ディープとも相性が良く、ノーザンダンサーの多重クロスを持つ配合は、12年のジェンティルドンナと同じだ。

 プリモはここまで全6戦がマイル戦。距離への対応がカギとなる。しかし、母モシーンは豪GⅠ4勝馬。マイルGⅠ2勝のスピードタイプだったが、実はGⅠ初制覇は二千五百のクラウンオークス。②着に9馬身差の圧勝だったように、距離をこなせるマイラーだった。

 そう、娘も初の二千を克服する可能性は十分。強靱な末脚で大物食いをやってのける。

 牝馬3冠に挑むアーモンドアイは○評価。

 休み明けに加え、距離短縮がその理由。父ロードカナロアはGⅠ初勝利となった4歳のスプリンターズS以降は8戦7勝(GⅠ6勝)とほぼ完璧な成績だった。そんな中、唯一②着に敗れたのが13年のセントウルS。安田記念から3カ月ぶりの距離短縮で取りこぼしている。

 産駒も同様にダノンスマッシュが千六の朝日杯FSから千四のファルコンSで1番人気を裏切る⑦着。先週の毎日王冠ではステルヴィオがダービーからのローテで②着。千八3戦目で初めて土が付いた。久々+距離短縮はカナロア産駒も不得手とする可能性がある。取りこぼしがあるなら今回だろう。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る