【秋華賞】レース後の談話

公開日:

①着アーモンドアイ(ルメール騎手) きょうはずっと心配だった。馬場入りからテンションが高かったし、ゲート内でもチャカチャカしてスタートはあまり良くなかった。1番心配したのは、3~4角で外を押し上げていかないといけなかったことです。コーナーで少しバランスも崩してしまいました。でも、そこからが素晴らしい瞬発力。気持ち良かったです。1年間、トップコンディションを保っていくのは難しいこと。国枝調教師をはじめ、スタッフに感謝したいですね。アーモンドアイは加速力、瞬発力、力、スタミナ、スピードとすべてを持ち合わせている。特別な馬ですし、次が楽しみですね。

(国枝調教師) 細かくみれば、8割ちょっとってところだったかな。アパパネの時は仕上げに苦労するところもあったけど、2頭目だしね。馬のレベル差もありそうだったし、少し気が楽だったかな。レース後に軽い熱中症の症状があった。大丈夫だと思うが、今後のことは様子を見ながらだね。

②着ミッキーチャーム
(中内田調教師) 一気に相手が強くなった中でよく走ってくれました。現状のこの馬の力は出し切ってくれたと思います。最後は距離の分もあったかもしれませんが、リズム良く走れていましたから。

③着カンタービレ(武豊騎手) 流れが速くなりそうだったので、巻き込まれないように折り合い重視で運んだ。直線はよく伸びてたし、ためるとしまいは切れるね。

④着サラキア(池添騎手) これまでで一番、ゲートも出てくれたし、1角も中団ぐらいの位置を取れました。ただ、4角を(手綱を)抱えて回ってきたかったのに、もたれてしまって。最後はひと脚使ってくれたんですが……。これから良くなってくると思います。

⑤着ラテュロス(秋山騎手) スタッフがうまく仕上げてくれたね。今まででも状態は一番良かった。それに応えようと思って乗ったし、うまくスムーズな競馬もできた。馬もよく頑張ってる。

⑦着プリモシーン(北村宏騎手) 結果的に最初のポジションですね。思ったよりも後ろになってしまって。それでも馬は最後まで伸び続けてくれたし、パワーアップも感じた。ええ、もう少しいい位置で運べてれば。

⑧着ゴージャスランチ
(横山典騎手) フットワークから京都の内回りは一番合わないシチュエーション。その割には上手に走ってくれたし、これから良くなってくると思うよ。

⑨着ラッキーライラック(北村友騎手) ゲート内でトビラを蹴ってて、レース前から集中してない感じだった。それでも力を信じて乗ったけど、3角で動かそうとした時に反応しなくて。貴重な経験をさせてもらったのに、結果を出せなくて申し訳ありませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る