【秋華賞】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着アーモンドアイ(ルメール騎手) きょうはずっと心配だった。馬場入りからテンションが高かったし、ゲート内でもチャカチャカしてスタートはあまり良くなかった。1番心配したのは、3~4角で外を押し上げていかないといけなかったことです。コーナーで少しバランスも崩してしまいました。でも、そこからが素晴らしい瞬発力。気持ち良かったです。1年間、トップコンディションを保っていくのは難しいこと。国枝調教師をはじめ、スタッフに感謝したいですね。アーモンドアイは加速力、瞬発力、力、スタミナ、スピードとすべてを持ち合わせている。特別な馬ですし、次が楽しみですね。

(国枝調教師) 細かくみれば、8割ちょっとってところだったかな。アパパネの時は仕上げに苦労するところもあったけど、2頭目だしね。馬のレベル差もありそうだったし、少し気が楽だったかな。レース後に軽い熱中症の症状があった。大丈夫だと思うが、今後のことは様子を見ながらだね。

②着ミッキーチャーム
(中内田調教師) 一気に相手が強くなった中でよく走ってくれました。現状のこの馬の力は出し切ってくれたと思います。最後は距離の分もあったかもしれませんが、リズム良く走れていましたから。

③着カンタービレ(武豊騎手) 流れが速くなりそうだったので、巻き込まれないように折り合い重視で運んだ。直線はよく伸びてたし、ためるとしまいは切れるね。

④着サラキア(池添騎手) これまでで一番、ゲートも出てくれたし、1角も中団ぐらいの位置を取れました。ただ、4角を(手綱を)抱えて回ってきたかったのに、もたれてしまって。最後はひと脚使ってくれたんですが……。これから良くなってくると思います。

⑤着ラテュロス(秋山騎手) スタッフがうまく仕上げてくれたね。今まででも状態は一番良かった。それに応えようと思って乗ったし、うまくスムーズな競馬もできた。馬もよく頑張ってる。

⑦着プリモシーン(北村宏騎手) 結果的に最初のポジションですね。思ったよりも後ろになってしまって。それでも馬は最後まで伸び続けてくれたし、パワーアップも感じた。ええ、もう少しいい位置で運べてれば。

⑧着ゴージャスランチ
(横山典騎手) フットワークから京都の内回りは一番合わないシチュエーション。その割には上手に走ってくれたし、これから良くなってくると思うよ。

⑨着ラッキーライラック(北村友騎手) ゲート内でトビラを蹴ってて、レース前から集中してない感じだった。それでも力を信じて乗ったけど、3角で動かそうとした時に反応しなくて。貴重な経験をさせてもらったのに、結果を出せなくて申し訳ありませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る