【土曜豪州・コーフィールドC】ゲート版確定チェスナットコート⑬、ソールインパクト⑳

公開日:

 土曜にオーストラリアのコーフィールド競馬場で行われる伝統のコーフィールドC(芝二千四百メートル)。日本にはないハンデ戦のGⅠだ。

 日本の2頭、チェスナットコートは55.5キロで川田が、ソールインパクトは53キロで、豪州遠征中の坂井が手綱を取る。

 過去、このレースに出走した日本馬は5頭。14年にはアドマイヤラクティが優勝。今回はそれ以来の挑戦となる。

 レースは18頭立て。ゲート番は日本時間の水曜昼前に発表され、チェスナットは13番、ソールは20番に決まった。

 オーストラリアには補欠馬繰り上がり制度があり、現在出走可能な18頭のうち、取り消し馬が出れば19番、20番の馬が出走可能に。出走の場合、ゲート番も12、5番と決まっている。だから、ソールは20番なのだ。最終的な“確定”は発走当日の20日午前7時ごろ。馬券を買う際には必ず、JRAのホームページで最新情報を確認したい。

 日本馬以外ではドイツでGⅠ連勝中のベストソリューション、アイルランドのA・オブライエン厩舎が送るザクリフスオブモハー、現地では前走でGⅠ勝ちのホームズマンや、やはり前走で女王ウィンクスの②③着だったヤングスター、キングズウィルドリームあたりが有力。フルゲートのハンデ戦で超難解だが、的中した時のリターンも大きいに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る