【菊花賞】実は「前走の競馬場」が重要? 新潟組は…

公開日: 更新日:

 今年の菊花賞は“異例のローテ”と言われる関東馬が非常に多い。

 人気のブラストワンピースが新潟記念①着からの直行なら、グロンディオーズ、グローリーヴェイズも同じ新潟二千メートルの条件戦①着から。フィエールマンに至っては前走が福島のラジオNIKKEI賞②着からになる。

 今年は牝馬アーモンドアイがシンザン記念→桜花賞、オークス→秋華賞のローテーションを成功させており、これらにも注目が集まるが……。

 菊花賞で最も異例ローテを成功させたのはオールドファンには懐かしい87年サクラスターオー。弥生賞、皐月賞を連勝したほどの馬だが、さすがにそこからのブッツケが嫌われて9番人気。単勝は1490円ついた。

 ただし、皐月賞は言うまでもなく中山が舞台。実は、菊花賞で大事なのは「前走の競馬場はどこだったか」なのだ。

 84年のグレード制導入以降、勝ち馬の前走場所は阪神16頭、京都11頭、中山6頭、中京1頭。これ以外の場所から勝ち馬は出ていない。

 特にほぼ平坦のローカル組は大不振。
   ①②③外 連対率
 札幌02118 ・095
 函館0001 ・000
 福島0105 ・167
 新潟00116 ・000
 小倉0005 ・000

 新潟でセントライト記念が行われた88、02、14年も含めてこの結果だ。

 関東の精鋭4騎に、関西馬のユーキャンスマイル。これらはデータを覆す走りを見せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る