木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【土曜東京11R・富士S】飛躍の秋へウインブライト

公開日:

松岡 気合満点

 富士Sに出走するウインブライトはこれまで13戦している。そのうちデビュー2戦目以外は松岡が手綱を取って、じっくり育ててきた“お手馬”だ。

 ビッグタイトルを狙って、今年は中山金杯②着→中山記念①着と弾みをつけて大阪杯へ臨んだ。

 スタートを決めて、好位で理想の形でレースを進めながらも、勝負どころでスワーヴリチャードにまくられ、抵抗するもあえなく沈没。GⅠの厚い壁にはね返されてしまった。

 札幌記念での仕切り直しを狙ったものの、調子が上がらず、再度、立て直されることに。競馬ゆえになかなか予定通りにはいかないもの。

 だが、このコンビが“秋こそは”の気概を持ってターフに戻ってきた。始動戦にかける思いは並々ならぬものがある。

「いい競馬をして次に」

――札幌記念を目指して函館競馬場で調整されていましたが、2週間ほどで再び放牧に出ました。

松岡騎手「入厩したときから背腰の調子があまり良くなくて、歩様ももうひとつ。ちょっとずつ進めていったんですが、競馬に間に合わないし、無理して壊してもと思って先生(畠山師)やオーナーと相談して回避することにしました」

――再度、放牧を挟んで9月19日に美浦へ戻りました。そこからはこれまで通り、追い切りに毎週またがっています。

「ええ。これまでの時計の出し方を見てもらえれば分かるんですが、夏の背腰が良くなかったのがぶり返さないように少しずつ負荷を強めてきたんですよ」

――今週水曜は先行する2頭を追いかけて最後は大外を回って6F83秒1―39秒2、1F13秒3を馬なりでマーク。

「前の馬が飛ばして行ったので無理をしませんでした。ただ、考えていたより時計が速くなったのが気に掛かりましたが」

――木曜も感触を確かめました。

「久々なのでゲート確認が必要だったので。心配していた追い切りのダメージがないことも分かったので安心しました」

――下半期の好発進を決めたいですね。

「GⅠを見据えているので、正直、目イチの仕上げではないんですが、八分はできてます。GⅢのここなら格好はつけてくれるはず。いい競馬をして次につなげたいと思っていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る