【コーフィールドC】有力馬プロフィル

公開日:

①ベストソリューション
 現在GⅠ2連勝中の英国馬。2、3歳時にも重賞勝ちはあったが、GⅠでは勝ち切れず。それが今年7月に自国でのGⅡ勝ちをきっかけに、その後のドイツ遠征でベルリン大賞↓バーデン大賞をV。本格化の気配を見せている。トップハンデの57・5キロを背負う。

⑥エースハイ
 2歳時は7戦目に初勝利。3歳時はGⅢグローミングS、GⅠスプリングチャンピオンSを逃げ切り。GⅠヴィクトリアダービーでは一転して差しで快勝した。今シーズンは始動戦こそ最下位も2戦目から②→④着で前走GⅡヒルSをV。勢いをつけて挑む。

⑬ホームズマン
 愛国デビューで、3歳時にGⅢガリニュールSを制した。さらには米国に遠征し、芝GⅠベルモントダービーでも③着している。その後に豪州へ移籍。今年9月のアンダーウッドSで念願のGⅠ初勝利を挙げている。

⑰ナイツウォッチ
 ニュージーランド時は4戦1勝で、豪州に移籍後に力をつけてきた。17~18年シーズンはハンデ戦で5勝をマーク。今シーズンは初重賞挑戦の3走前は③着も、続くGⅢナチュラリズムSを大外から差し切り、初タイトルを獲得した。“たたき上げタイプ”の印象だ。

⑱ヤングスター
 昨年11月にデビューし、4戦目に初勝利を挙げるとGⅠクイーンズランドオークスまで4連勝。中1週で挑んだGⅠクイーンズランドダービーは唯一の牝馬ながら③着と好走した。前走のターンブルSでは②着とキングズウィルドリームを抑えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る