武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【コーフィールドC】名伯楽の刺客 ザクリフスオブモハー

公開日:

 豪州といえば世界に名だたる短距離王国。スプリント、マイルは相当に強いが、二千四百超のカテゴリーはそうでもない。現地で28連勝中の怪物牝馬ウィンクスも千四~二千を中心に出走。長距離路線となると、核になる馬はいない。

 本命はザクリフスオブモハー。アイルランドの名伯楽、A・オブライエン厩舎が送った刺客に一票を投じる。

 ヨーロッパでの成績を一言で表せば“GⅠでチョイ足らず”。とはいっても昨年の英ダービーで②着し、今年も愛GⅠタタソールズゴールドCで②着がある。

 母の父ダンシリは日本に輸入されているハービンジャーの父。欧州系の中でも硬い芝を得意とする傾向がある。日本ほどではなくても、時計は速めの豪州。ここで惜敗にピリオドを打つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る