飯島理智
著者のコラム一覧
飯島理智

関東の取材陣では一番の若手で、「1日1鞍」のコラムでおなじみ。ジョッキーだけでなく、厩務員や調教助手の知り合いは数えきれないほど。美浦だけでなく、栗東トレセンまで及ぶほど交友関係は広い。

【菊花賞】ラスト1冠取る!大器グロンディオーズ

公開日: 更新日:

父譲りのスタミナ

 遅れてきた“大器”グロンディオーズが最後の1冠に間に合った。

 デビューが今年2月でまだキャリア4戦だが、3勝③着1回。取りこぼしも最小限にとどめられている。

 田村師がこう話す。

「詰めて使って成長を阻害したくなかったんで、すごく大事にゆっくり育ててきたんだ。使っては休ませてというのを繰り返すたびに大人になってね。今回も新潟を勝った時とは全然違う。もともと体幹や心肺機能はいいけど、骨格に見合う筋肉がついた。状態に関しては文句ない」

 特にこの中間はパワーアップが顕著で凄みが増している。

 1週前はウッドで3頭併せ。豪快な動きを示して5F65秒0の好時計をマークすると、今週も同じメニューで5F64秒8―36秒8、1F12秒2。軽く気合をつけられただけで、併走馬をぶっ千切った。

「しびれちゃうよね。追い切った後でフーもハーもない」

 これだけのハードトレを消化しても息が乱れないのは、父ルーラーシップ譲りのスタミナがあるからこそだろう。距離が延びれば延びるほどいいタイプ。淀の三千メートルが不安材料になることは全くない。

 モレイラ騎乗も大きな魅力だ。マジックマンからはこんな言葉も。

「個人的には短距離より長距離の方が好き。楽しみにしてるよ」

 頼もしい鞍上を味方に菊花賞最少キャリアVを成し遂げる。

 馬券は馬単と3連単が中心で、押さえに馬連。金額は決めず、当日の状況次第で増額することも考えたい。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る