木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【菊花賞】池添渾身騎乗 ブラストワンピース先頭ゴールだ

公開日: 更新日:

 池添がブラストワンピースと臨んだ今年のダービーは「毎日思い出すほど忘れられないレース。悔いしかない」と言う。懸念だったゲートで後手を踏み、直線ではワグネリアンに進路を消されて、開いた時点では“時すでに遅し”。脚を余す形で敗れてしまった。それだけに、最後の牡馬クラシックの1冠奪取は絶対の使命として自らに課している様子。そのために、ここまで準備万端である。


「一緒に取りたい、いや取らなければならない」

――秋に向けての始動戦、新潟記念では古馬を一蹴しました。

池添騎手「道中は休み明けのせいか、ハミを取らなくて。でも、向正面で肩ムチを入れたらやる気を出してくれました。最後はノーステッキで突き抜ける強い競馬をしてくれた。経験豊富な古馬相手にいい内容で結果を出せてホッとしました」

――1週前の追い切りにまたがりました。久々の背中でしたが、感触はどうでしたか。

「準備運動でまずダートへ。その時点からいいフットワークでしたよ。ゴールを過ぎてからも、促して集中力を切らさないように。重い馬場を気にせず、いい動きでした(ウッド6F81秒4―36秒9、1F11秒9)。背腰がしっかりしてきましたね。息も整っていました。どんどん良くなってきている印象でした」

――当週はまたがらずに見学の予定でしたよね。

「それが他の厩舎の追い切りを頼まれて、見ることができなかったんですよ(苦笑い)。でも、追い切りを担当した助手さんは“良かった”と言っていたし、その後のゲート練習には乗ったんですよ」

――その時の雰囲気は。

「ソワソワして前扉に頭を入れるようなしぐさをする時があるんだけど、落ち着いていましたね。状態も“いいな”と感じました」

――初めての距離はどう見ますか。

「レースに行って折り合いに不安がないので、自分の中では大丈夫だと思っています」

――最後のクラシックは何としてでも、ですね。

「ダービーは自分がしっかり乗っていれば助けられたレースで、悔いが残りました。ブラストにとっては一生に一度の菊花賞。クラシックラストの今度こそは一緒に取りたい、いや取らなければならないと思っています」



GⅠで23勝をマーク

 池添は先週までにJRAで1107勝を挙げている。そのうち重賞は78勝だ。

 クラス別に分けるとGⅠ=23勝、GⅡ=26勝、GⅢ=29勝。レース数の最も少ないGⅠでもGⅡ、GⅢとそれほど変わらない。“GⅠ力”の高さと言っていい。

 GⅠの全成績は〈23、20、15、168〉、勝率.102、連対率.190、③着内率.257。単勝回収値は103円で原価を上回っている。

 菊花賞は11年のオルフェーヴルで3冠達成。今年も先頭でゴールを駆け抜けたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る