薮中泰人
著者のコラム一覧
薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

【菊花賞】今週はM・デムーロの出番!末脚一閃エタリオウ

公開日: 更新日:

神戸新聞杯では最速の上がり

 今週はミルコの番。勝つのはエタリオウ。

 夏の上がり馬がやけに多い今年、実はダービー組も春より成長している。とりわけ前哨戦②着の後、もうひと成長あったのがエタリオウだ。

 胴が伸び、いかにも長距離型にシフトしているが、前走を使って気配そのものも一変した。

 馬体の色ツヤの良さはもちろん、引き締まった中に筋肉が浮き出す抜群のプロポーション。これほど変わるとは驚きだった。さすがはGⅠ9勝の友道厩舎。本番への仕上げは実に巧みである。

 癖のあるステイゴールド産駒で、再三指摘されるのが集中力のなさ。それゆえチークピーシズにブリンカーと、馬装に工夫を凝らされていた。

 レース面で転機になったのがダービーだ。

 徹底したラスト重視の乗り方。これが当たった。自身最速の33秒5の上がりで0秒2差まで迫った。

 この戦法を受け継いだ前走の神戸新聞杯でも、一頭目立つ末脚で②着。もちろん最速の上がりで、ラスト重視だと集中力が途切れない。

 M・デムーロが連続騎乗するのは強みだし、今年は先行馬が多くスローにはならない。展開もはまる。

 1勝馬初の菊花賞Vが現実になる。馬券は単勝、馬連に3連単で勝負。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る