【天皇賞・秋】サングレーザーがモレイラ鞍上で一気頂点へ

公開日: 更新日:

 マイル戦線を賑わせたサングレーザーが秋の盾取りを目指す。

 昨年の後半戦は一千万→準オープン→スワンSと3連勝で重賞ウイナーの仲間入り。続く初GⅠ挑戦のマイルCSでは7番人気ながら後方から0秒1差③着に突っ込んできた。

 今年の春はマイラーズCを1分31秒3のレコードで差し切り、2つ目のタイトルを獲得。安田記念でも3番人気で0秒2差⑤着と上位争いを演じている。

■マイル路線から転身成功

 バリバリのマイラーと思われていた。しかし、夏には二千の札幌記念に矛先を向けてきた。

 1枠2番スタートから道中は中団を追走。勝負どころでペースが上がった時も手応えは抜群だった。そのまま直線へ。

 残り1Fあたりでは前が少し壁になる感じだったが、馬場の中ほどから間を割ってグイッと伸びた。外から伸びてきたマカヒキ、モズカッチャンの両GⅠ馬を鼻、頭差退けて先頭ゴールイン。

 川上助手が明るい表情で振り返る。

「以前に二千のホープフルS(⑤着)を使った時はかなり行きたがりました。そんなところがなかったですね。成長しましたよ。最後もいい勝負根性を見せてくれた」

 レース後はここを目標にリフレッシュ放牧。10月10日に戻り、乗り込みは順調だ。

 浅見厩舎のパターンで先週日曜が本追い切り。坂路4F51秒6―12秒3と力強く駆け上がった。

「もともと太くなるタイプでもない。変わらずにきていますよ。相手は強力だけど、頑張ってほしいですね」

 前記のマイラーズCが4カ月ぶりなら、札幌記念も2カ月半ぶり。レース間隔があくのを気にするどころか、むしろドンと来い。

 鞍上は“マジックマン”モレイラ。期待がますます高まってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る