弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【JBCクラシック】ケイティブレイブ負けられない

公開日:

充実一途の5歳馬だ

 京都ダートでもケイティブレイブが勝つ。

 今年に入って5戦3勝の戦歴。前走の日本テレビ盃は2番手からラスト3F36秒4の鋭い末脚を繰り出してV。8つ目の交流重賞制覇を遂げた。

 出遅れてゴボウ抜きした17年の帝王賞もあるが、若馬の頃は逃げ一辺倒の脚質だった。それが今では、鞍上の意のままに操縦できる馬へと大きく進化している。

 そんな充実一途の5歳馬にケチをつけるなら、中央ダートでの実績の薄さか。最後の中央勝利は16年1月の3歳五百万戦までさかのぼる。しかし、今の同馬にそれはナンセンスな話だろう。

「前走時からトモの強化に重点を置いた調整をしてきて。ええ、馬体も目に見えてシャープになりました」と杉山師だ。

 もともとポテンシャルは高かった。そこに、体のバランスを修正することによるプラスアルファがあったということ。

 それが、自在性であり、前走の末脚である。ケイティに舞台替わりを問う必要はない。

 ここも先行自在の立ち回り。レースをコントロールして、きっちり勝ち切ってみせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る