橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【JBC3競走】鬼穴でドリーム馬券

公開日:

 JRAで初めて行われるJBC3競走。鬼才・橘はドリーム馬券獲得を目指す。

【クラシック】テーオーエナジー激変あり

 テーオーエナジーに一発ムード。

 1週前登録の時点では補欠1番手だった。しかし、1頭回避したため、ゲートインに成功した。

「除外対象だったけど、使えるようにやってきたからね。仕上がりはいいよ」(増井助手)

 実際、今週の坂路では52秒4―12秒9の好タイムで3馬身半先着。グイグイ駆け上がる力強い脚さばきは目を引いた。

 2走前の交流GⅠ、ジャパンダートダービーではルヴァンスレーヴの⑤着。果敢に逃げて残り100メートル過ぎまで先頭を死守し、見せ場十分の0秒5差。この馬も“強い3歳世代”の一頭だ。

 前走のグリーンチャンネルCは⑭着。これには敗因あり。

「千四、久々、左回りといろいろ重なったね。今回は条件が良くなる」

“ひと夏を越して?”の問いかけには、こんな答えが。

「落ち着きが出たよ。以前みたくカリカリしなくなった」

 ますます期待が高まってきた。


【スプリント】ウインムート上昇カーブ

 ウインムートで勝負。

 前走の交流重賞、オーバルスプリントは1番人気に推された。しかし、結果は[4][4][7]から⑧着敗退……。

 秦野厩務員が話す。

「地方の深いダートが合わなかったですね。ジョッキーも“進んでいかなかった”って。それに、もともと使って良くなるタイプ。間があいていたのも影響して」

 今回は軽い中央のダート。ダートで千二を走るのは初めてだが、芝の準オープン、山城Sを逃げ切り勝ち。スピード適性は十分にある。

 もちろん、2カ月半ぶりをたたいて上昇中。

 中間は2週続けて坂路の併せ馬でラスト1F12秒台で先着。単走の今週も54秒5―12秒7だ。

「力のいる遅い時間帯でも最後までしっかり走っていた。いい状態になってますよ」

 人気は主役級の前回から伏兵級に。狙い撃つ。

【レディスクラシック】ビスカリア直一気

 本命はビスカリア。

 今年4月の中ノ岳特別は強烈な末脚だった。

 大外15番スタートで道中は後方から。直線で外に持ち出すと、グイグイ伸びた。最後は全馬かわしてゴールイン。

 上がり3Fは最速の36秒1。2番目が37秒1だから1頭だけ、脚色が全く違っていた。

 メンバーを見ると、内からアイアンテーラー、カワキタエンカ、サルサディオーネと逃げ馬がズラリ。先行勢も多く、ハイペースは間違いない。

 鞍上は中ノ岳特別と同じ森泰。再現がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る