木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【武蔵野S】四位クイーンズサターン「東京だとじっくり構えられる」

公開日: 更新日:

 四位は今年でキャリア28年目の45歳。デビュー当初は目立たなかったが、4年目の94年にゴールデンジャックで桜花賞TRの4歳牝馬特別(現フィリーズR)で重賞初勝利を収めると、メキメキと頭角を現し始めた。96年にはイシノサンデーで皐月賞を勝ってGⅠジョッキーの仲間入り。

 その後もアグネスデジタル(01年天皇賞・秋、香港C、02年フェブラリーS、03年安田記念)で芝、ダート両方の“二刀流”でGⅠ制覇したり、07年ダービーをウオッカで64年ぶりに牝馬で奪取。その活躍は枚挙にいとまがない。

 それだけに今年の調教師試験を受けたと聞いて、個人的に少なからずショックを受けた。

 今週の騎乗馬も含めて、その心中を探るべく、直撃した――。

 ――調教師試験を受けたと聞いて、「まだ早いのでは……」と感じたんですが。
四位騎手「そう言ってくれる人が多くてうれしいよね。でも、年齢的なことを考えると今年ぐらいからかなと」

 ――なぜ、その決断を。
「伝えないと、と思ったからだよ。後輩たちにね」

 ――その伝えなければならないこととは。
「今まで、いろんな方々のバックアップのおかげで名馬の背中を知ることができたでしょ。あの馬たちの鐙(あぶみ)から伝わる感触はオレしか知らない。財産だよね。それを独り占めしてはいけないと思ったんだよね。そんな“使命感”もあってさ。ジョッキーも育ててみたいし」

 ――そうですか。よく分かりました。残り少ないかもしれないその騎乗ぶりを目に焼き付けておきます。武蔵野Sのクインズサターンは春に2回乗っています。アンタレスS、平安Sともに③着でした。
「どちらもしっかり脚を使ってくれてるんだけどね。どうしても脚質的に展開に左右されるのは仕方ないかな」

 ――2週続けてケイコをつけています。感触は。
「先週は“やっておいて”とのオーダーだったので、コースで長めからしっかりと負荷をかけた。今週は坂路で馬なりで。いい動きだったよ」

――府中は得意のコース。期待できますね。
「東京だとじっくり構えられるからね。直線に向くまでいかにパワーをためられるか。そこを考えて乗りたい。今の賞金だと今後、重賞にすんなり出られるか微妙なところだからさ。何とか加算(②着以内)したいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る