【エリザベス女王杯】モズカッチャン“偉業達成”の確率は?

公開日: 更新日:

 今週のエ女王杯はモズカッチャン、来週のマイルCSはペルシアンナイト。3歳時の昨年、古馬相手にGⅠ初勝利を収めた2頭が連覇に挑む。

 3歳時に古馬相手にGⅠを勝った馬は過去30年間で36頭いる(タイキシャトル、シンボリクリスエスが2勝ずつで勝ち鞍は38)。1年に1頭以上のペースだが、翌年も同一GⅠで連覇を達成したのは5例しかない。

 シンボリクリスエスが02、03年の天皇賞・秋、有馬記念をダブル制覇。アドマイヤグルーヴが03、04年、英国馬スノーフェアリーが10、11年のエ女王杯、最も新しいものはジェンティルドンナの12、13年ジャパンCだ。

 では、逆は。

 こちらは18例。過去10年間では、09年エ女王杯=リトルアマポーラ(⑦着)、11年ジャパンC=ローズキングダム(⑨着)、同年有馬記念=ヴィクトワールピサ(⑧着)、12年安田記念=リアルインパクト(⑥着)、13年有馬記念=ゴールドシップ(③着)、14年エ女王杯=メイショウマンボ(⑫着)……。“偉業”であることが分かる。

 果たして今週のモズ、来週のペルシアンはどうなるだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る