弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【エリザベス女王杯】ぶっつけの不安を一掃 モズカッチャン2連覇だ

公開日: 更新日:

 本命は昨年の覇者モズカッチャン。

 昨年は直線で末脚炸裂。3頭横並びの接戦を首、頭差で制し、初GⅠタイトルを手にした。今年は3戦して④⑥③着。未勝利ではあるが、むしろ地力強化を感じさせる。

 2月の京都記念④着から、3月には初の海外遠征。ドバイシーマクラシックで世界を相手に⑥着と善戦した。

 そして、帰国初戦の札幌記念は③着。道中16番手の“ない”位置から、直線は馬群をさばきながらメンバー最速の末脚を発揮。勝ったサングレーザーとは同タイムの僅差だった。天皇賞②着馬と互角の走りは地力アップの証明である。

 問題は前哨戦に予定していた府中牝馬Sを熱発で回避したことか。ローテーションの狂いに不安がよぎったが、そんな思いを吹き飛ばしたのが最終の坂路追いだ。

 開場から1時間半近く経過した荒れた馬場で4F54秒4。ラスト1Fも一直線に伸びて12秒5で駆け上がった。

「重い馬場でもしっかり動けました。熱発で1週間ほど楽をさせたけど、トータルでは2カ月近く乗っています。今年で一番の状態ですよ」と担当の古川助手は胸を張る。

 それなら大丈夫。史上4頭目の快挙、連覇達成だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る