外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【エリザベス女王杯】リスグラシューGⅠ②着4回と実績断然

公開日:

 今年のGⅡ府中牝馬Sは非常にハイレベルなレース。本命はそこで②着のリスグラシューだ。

 スタート直後の1Fを除き、ゴールまで一貫して11秒台が続く緩みのないラップ。その影響もあって、決着時計は千八1分44秒7の速さ。ちなみに、レース歴代2位である。

 ラップを刻んだカワキタエンカを前に見て、左手にいたフロンテアクイーンと並んで追い出し。競り勝ったところを、ゴール寸前でディアドラの強襲を受けたが、これは展開のアヤのようなものか。プラス12キロと少し余裕残しの仕上げだっただけに、前哨戦としては100点と言っていい。

 問題は二千メートルを超えると好結果が出ていないことか。とはいえ3歳時のオークス⑤着、エ女王杯⑧着と出走は2回だけ。まだ、適性がないとは決められないし、今回の鞍上はモレイラだ。道中はガッチリと押さえて、末脚を引き出してくれよう。

 前記ディアドラ、3歳のアーモンドアイがいない牝馬限定戦。GⅠ②着4回の実績は断トツだ。それでいて人気がかぶることもない。配当の妙味もあると判断した。

 本線は札幌記念で不利な15番枠から③着したモズカッチャン。3連単は2頭軸マルチで勝負!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る