橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【エリザベス女王杯】ヴァフラームでビッグ馬券

公開日: 更新日:

 ヴァフラームの一発。

 6歳の今年、これまで6戦を消化している。成績、上がりタイムは次の通り。

 初音S    ⑧着
  33秒2(1位)
 サンシャインS⑥着
  36秒1(3位タイ)
 緑風S    ④着
  34秒8(4位)
 マーメイドS ④着
  34秒7(3位)
 博多S    ④着
  34秒3(1位タイ)
 ムーンライトH①着
  34秒1(1位)

 5歳の昨年までは20戦のキャリア。その中で最速の末脚を繰り出したのは3回だけだった。

 ここで人気になっている4歳モズカッチャン、3歳ノームコアと同じハービンジャー産駒でも、こちらは晩成タイプ。年を重ねるにつれて、徐々に力をつけている。

 いよいよ開花と思わせたのが前走のムーンライトHだ。

 大逃げした馬が⑥着で、好位で進めた馬が②③④着の展開。それを[6][6][8]で大外から鮮やかに差し切った。

 エ女王杯は下記の成績表を見れば分かるように、09年こそ行った行っただったが、差し決着は多い。それだけに末脚炸裂に期待が膨らむ。

 鞍上は初コンビで持ち味を引き出した2年目の川又。デビューした昨年は9勝、今年は先週まで38勝と大きくジャンプアップした。勢いに乗ってのGⅠ初参戦だ。

 水曜のCウッドでの最終追い切りに騎乗し、確かな手応えを感じ取った様子だった。

「この前よりも良くなっていますね。GⅠのチャンスをいただいたので、気負うことなく挑戦したいです」

 生きのいい若手と力をつけた6歳のベテラン。魅力たっぷりのコンビで勝負する。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る