薮中泰人
著者のコラム一覧
薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

【エリザベス女王杯】レッドジェノヴァで勝てる

公開日:

デキ絶好、勢い一番

 アーモンドアイがジャパンC、ディアドラは香港遠征。3歳馬の出走も今年は2頭と少ない。連覇を目指すモズカッチャンにはいい状況だといえるが、肝心の仕上がり状態が問題だ。

 札幌から帰厩した9月時点では実にいい体をしていた。たくましさを加え、ディアドラにも負けないぐらい。ところが府中牝馬Sの10日前に熱発して雰囲気が変わった。

 当時の張りが戻ってこないのだ。併走馬に遊ばれた1週前から今週は上昇してきたものの、それでもせいぜい八分あるかどうか。押さえの△でいいだろう。

 ◎はレッドジェノヴァ。3歳時は無名の存在だった。それが、今夏の札幌で一気に頭角を現した。一千万、準オープンはいずれも完勝。並の上がり馬でなかった証拠は前走の京都大賞典。4角で内に閉じ込められる不利があったのに、1Fから鋭伸。サトノダイヤモンドに半馬身差に迫った。

 不利がなければ勝っていたかの内容。シンボリクリスエス産駒は奥手タイプと認識しているが、この馬も2、3歳時に無理遣いしていない分、成長は急だった。

 前走後も絶好調をキープしている。週2本の調教を課し、Cウッドで長め追いを3本。これだけ追えるのが何よりの証拠。馬体は黒光りし、張りも満点だ。

 レベルの下がった今年のメンバーなら勝負になる。馬券は単勝、馬連、3連複で。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る