武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【エリザベス女王杯】今週もルメール無双 ノームコア本命

公開日:

 今週の京都は牝馬の争い。各世代から有力馬が集まった。その混戦に断。武田記者が確信の◎を打つ。

 現役の牝馬トップ3と思うのは3歳の3冠馬アーモンドアイ、古馬ではディアドラとアエロリット。最強の牝馬を決めるレースなのに、いずれもここに名前はない。

 ならば、この秋の勢いを重視。本命は3歳馬ノームコアでいく。

 2歳時に2連勝したものの、3歳の春は重賞で2戦してともに③着。クラシックに出走することはかなわなかった。

 ところが、4カ月半の休養を経て迎えた紫苑Sはまるで別馬のような強さ。勝ち時計は二千メートル1分58秒0で、レコードにわずか0秒2差だ。

 しかも、ハイペースに引っ張られた好時計ではないことも強調材料。

 前半3Fは35秒1と緩くはないが、その後に12秒3―12秒7とペースダウンし、5F通過は60秒1のスロー。強調したいのは後半5Fの数字で、11秒9―11秒8―11秒5―11秒5―11秒2と全て11秒台が並んだうえに、直線は尻上がりに。この合計は57秒9で、中山二千メートルでは史上初めて、後半5F57秒台という、極限に近い「スピードの持続力」が求められるレースになった。

強烈な決め手を身につけた

 残り5Fでノームコアは先頭から4、5馬身ほど後ろだから、自身の脚は57秒フラットくらい。春には見られなかった強烈な決め手を身につけたのは、ここにきての成長力に他ならない。

 父はハービンジャー。自身は3歳4月のデビューで、唯一のGⅠ勝ちが4歳夏の“キングジョージ”だった。しかし、産駒が充実期を迎えるのは総じて3歳時。これまでの重賞17勝のうち、3歳時に11勝、2、4、5歳時は各2勝という数字がそれを裏付ける。

 昨秋、M・デムーロが手綱を取り、モズカッチャン、ペルシアンナイトでエ女王杯、マイルCSを連勝。鞍上ばかりが目立ったが、実はどちらもハービンジャー産駒の3歳馬だったのだ。

 となれば、今年は“ルメール無双”のノームコアの番だろう。淀外回りの長い直線で、先輩牝馬を一蹴する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る