東京、福島メインのレース後の談話

公開日:

【オーロC】伏兵ロワアブソリュー直線一気

①着ロワアブソリュー(内田騎手)
 ためればいい脚を使うと聞いていて、その通りだったね。直線ではあいたところを突けたし、最後はいい脚で伸びてきてくれた。はじけてくれたね。強かったよ。

②着アイライン(北村宏騎手)
 二の脚がつかなかったので、しまいは脚を使うと信じてじっとためる競馬をしました。理想は外だったけど、あかなかったので内を縫っていく形を。馬込みは好きじゃないんですが、最後まで頑張って出てきてくれました。

③着スターオブペルシャ(オドノヒュー騎手)
 全てがうまくいったんですけどね。最後までしっかり伸びてくれて距離もバッチリでしたし。勝った馬が強かったですね。

⑤着ミスターメロディ(北村友騎手)
 出ていく馬を行かして、自分は楽なスペースをつくりたかったんですけど、ポジション的に収まりたくないところに入ってしまって。中途半端な位置取りになってしまいました。

【福島記念】スティッフェリオ重賞初V

①着スティッフェリオ(丸山騎手)
 前に馬を置いたレースを考えていて、勝春さん(②着マイスタイル)のすぐ後ろで理想的な展開でした。1頭になるとソラを使っていましたが、それでもしっかり伸びてくれました。ひと夏を越して馬も成長していますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る