【マイルCS】アエロリット頂点へ 牡馬相手に完璧連対誇る

公開日:

 2つ目のビッグタイトルを狙う牝馬アエロリットに注目だ。

 3歳時にNHKマイルCを制すなど、牡馬相手に無類の強さを発揮するタイプ。その対戦成績は5戦3勝②着2回でパーフェクト連対を誇る。

 今年の始動戦には中山記念を選び、好位から粘り込んで首差②着。続くヴィクトリアマイルは落鉄した影響もあり④着まで。だが、安田記念で再び連対を確保する見事なリカバリー。

 待ち望んでいた勝利は秋に訪れる。

 復帰初戦の毎日王冠では“マジックマン”モレイラとコンビを組んだ。好スタートを決めて主導権を握ると、やや速いラップを刻みながら直線へ。

 坂を駆け上がっても脚色は鈍るどころか、鋭さを増すばかり。上がり3F33秒8でまとめて千八1分44秒5。レコードに0秒3差と迫る圧巻の内容だった。

 中間はノーザンファーム天栄に放牧。11月1日に帰厩し、1週前はウッドで半マイルから52秒4―37秒8、1F12秒2をマークしている。

 菊沢師は「自分からハミを取るので、併せ馬でやる必要もないかなと。牧場でもしっかり調整されていて、凄くいい感じにきてます。素軽さもあるし、言うことない」ときっぱり。

 そして、こう続けた。

「加速力が良くなった。マイルでも自然と前、前で競馬ができると思いますよ。京都は他のコースに比べて結果が出てないけど、これだけの馬だから克服してもらいたい。とにかく順調で、本当に楽しみですね」

 第1回が行われた84年以降、牝馬で秋のマイル王に輝いたのは86年タカラスチール、90年パッシングショット、93年シンコウラブリイ、94年ノースフライト、08年ブルーメンブラットの5頭だ。

 今度は“世界の名手”ムーアを背に史上6頭目、10年ぶりの快挙を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る