【マイルCS】晩成型レッドアヴァンセ 母と兄も古馬になって開花

公開日: 更新日:

 今年の秋のマイル王決定戦には牝馬が4頭出走する。その筆頭格は毎日王冠勝ちのアエロリットだが、あとの3頭も大駆けの魅力たっぷりだ。

 レッドアヴァンセの母エリモピクシーは通算7勝。5歳になってオープン入りし、6歳時に重賞戦線を賑わせ、暮れのファイナルSを制した。

 兄もクラレントが5歳時に重賞連勝なら、レッドアリオンも5歳時に重賞2勝。血統的に晩成タイプが多い。

 アヴァンセも3歳2月にエルフィンSを勝ったとはいえ、開花したのは古馬になってから。

 4歳後半に一千万、準オープン勝ち。そして5歳の今年、タイトル戦で上位争いを演じている。

 春は阪神牝馬Sで頭差②着、ヴィクトリアマイルで鼻、首差③着。秋初戦の富士Sもロジクライが2馬身抜け出したものの、7枠14番から外めを回って、大外強襲ワントゥワンの鼻差③着だ。

「正直、もう1本欲しいかなの感じでした。それでも内容を残せた。今回の方が息遣いが良くなってます」(北村友騎手)

 牡馬相手にメドをつけてのたたき2戦目。前進を見込んでいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  5. 5

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  8. 8

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る