【ジャパンC】サトノダイヤモンドの瞬発力にモレイラ絶賛

公開日:

 いよいよ来週に迫ったジャパンC。朝一番の栗東Cウッドで“A”評価はサトノダイヤモンドだ。

 モレイラが手綱を取っての併走追いで7Fからゆっくりスタート。道中はリズム良く、軽やかな走りだ。直線は残り1Fでもまだ半馬身ほど差はあったが、脚がたまっていたから自然とピッチが上がって頭差先着。7Fが98秒2、ラスト3F37秒0―11秒5と極上の瞬発力を見せた。

 先週のような少しモタついた面がなくなり、丹念に乗り込んで馬体もすっきり。仕上げは相当進んでいる。モレイラは「アクション、性格、仕上がり。みんないい馬ですね。(本番で)乗るのが楽しみになります」と。

 スワーヴリチャードはCウッドで6F83秒2―38秒9、1F12秒6。直線は併走相手の真後ろにつけて残り100メートルほどで外へ切り替えて馬なりで併入。馬ができあがっていることを思えば、この調整でいいだろう。大幅に上向いたイメージはなくても、高いレベルの状態を維持している。

 シュヴァルグランはCウッドで7F95秒1―37秒2、1F11秒8。3頭併走で最後は1馬身遅れも、スタートで2秒以上後ろから追い掛けてのもの。自身の時計は出ているし、この遅れは気にしなくていい。中間は丹念に攻めて毛ヅヤ、張りは間違いなく前走以上。上昇度は相当ありそうだ。

 3冠牝馬アーモンドアイはルメールが美浦にかけつけ、ウッドで3頭併せ。最後方スタートでテンから折り合いはバッチリ。直線で軽く促されると内からスッと抜け出して最後は2、4馬身先着でフィニッシュだ。時計は5F66秒1―37秒7、1F12秒9。1週前追い切りとしては上々の内容だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る