外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜東京11R・東スポ杯2歳S】ルヴォルグ登竜門を無傷で通過

公開日: 更新日:

藤沢和厩舎から今度は牡馬の大物

 過去10年の勝ち馬のうち、7頭が後のGⅠ馬に。キャリアより素材重視でいきたい。◎は天皇賞デーの新馬で②着に4馬身差の圧勝を決めたルヴォルグでいく。

 藤沢和厩舎は今秋の東京2歳戦で大暴れ。重賞2勝、さらに新馬&未勝利で6勝をマーク。続々と素質馬を勝たせてきた。だが、師は「この馬も牧場にいた頃から期待されていたんだ」と色気十分である。

 確かに好位正攻法からノーステッキの3F33秒6。あっという間に後続を突き放した走りは圧巻だった。510キロの大型馬らしくフットワークもダイナミック。なおかつ反応も速い。“大物”と呼ぶにふさわしい内容である。

 中2週と間隔が詰まっているが直前は3頭併せでしっかり追えており上積みも十分。無傷の2連勝でタイトルゲットだ。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る